”パリ&フランス”

2017年9月19日 (火)

【根本雄伯 ナチュラルホルン マスタークラス&ミニコンサート】チラシ裏面

20170916_nemoto_1029_chirashi_ura_n 皆さま、是非おいで下さい!

【根本雄伯 ナチュラルホルン マスタークラス&ミニコンサート】

2017年10月29日(日)
15:00開場 15:30開演

渋谷董友ビル2Fホール(キユーピー本社ビル内)
(東京都渋谷区渋谷1-4-13)
*渋谷駅より徒歩12分 / ネロ楽器より徒歩1分

◆入場料
一般:2500円 学生:1500円(全席自由)

◆出演
ホルン:根本雄伯
ピアノ:佐々木京子
※マスタークラス詳細は、決まり次第掲載!

◆ミニコンサート プログラム
シャブリエ / ラルゲット
ケルビーニ / ソナタ

◆お問い合わせ・チケットお申し込み
株式会社 ネロ楽器
TEL: 03-3400-7466
E-Mail:info@neromusic.jp

主催:株式会社 ネロ楽器
特別協力:コンセール・パリ・トーキョウ
後援:株式会社ヤマハミュージックジャパン、日本ホルン協会

こちらからも詳細ご覧いただけます。
http://neromusic.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

根本雄伯 ナチュラルホルン マスタークラス&ミニコンサート (10月29日)

20170916_nemoto_1029_chirashi_omote フランスの古楽オーケストラの第一線で活躍中の根本雄伯による、ナチュラルホルンマスタークラス&ミニコンサートが、10月29日(日)に行われます!

根本雄伯は、東京藝術大学音楽学部を経て、1992年フランス政府給費留学生として渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院に入学し、ジョルジュ・バルボトゥに師事。1993年に、パリ国立高等音楽院に入学し、アンドレ・カザレのクラスに学び、1996年同音楽院を満場一致の一等賞を得て卒業。
その後、パリ・エコールノルマル音楽院とパリ国立高等音楽院大学院で、ホルン、室内楽、ピアノを学び、2001年パリ国立高等音楽院大学院卒業。

1999年トゥーロン国際音楽コンクール入選、トレヴー国際ホルンコンクール第3位受賞。
2003年マルセイユ国際木管五重奏コンクール「アンリ・トマジ」第3位受賞。

2004年、マルク・ミンコフスキ率いるレ・ミュージシャン・デュ・ルーブルに入団し、2006年より同オーケストラ首席奏者としてナチュラルホルン、ピストンホルン等ピリオド楽器での演奏を行っている。


在仏25年の根本雄伯の主な活躍の場はヨーロッパであり、日本での演奏の機会は少なかったが、少しずつ日本での演奏の機会が増えてきている。

2013年には、東京、新潟、鳥栖での《ラ・フォルジュルネ》音楽祭に指揮者、ホルン奏者として招待され、2015年10月には東京・白寿ホールでリサイタル。そのリサイタルでは、ナチュラルホルンとモダンホルンに依る演奏を披露して注目された。2016年5月には宮崎国際音楽祭に初登場し、リゲティのホルントリオを演奏した。

2017年は、10月・11月の2カ月間、愛知県立芸術大学の招聘を受けて来日する。

この機会に、本場で活躍する根本雄伯のナチュラルホルンを、是非お聴きいただきたく、ご案内申し上げます。

【根本雄伯 ナチュラルホルン マスタークラス&ミニコンサート】

2017年10月29日(日)
15:00開場 15:30開演

渋谷董友ビル2Fホール(キユーピー本社ビル内)
(東京都渋谷区渋谷1-4-13)
*渋谷駅より徒歩12分 / ネロ楽器より徒歩1分

◆入場料
一般:2500円 学生:1500円(全席自由)

◆出演
ホルン:根本雄伯
ピアノ:佐々木京子
※マスタークラス詳細は、決まり次第掲載!

◆ミニコンサート プログラム
シャブリエ / ラルゲット
ケルビーニ / ソナタ

◆お問い合わせ・チケットお申し込み
株式会社 ネロ楽器
TEL: 03-3400-7466
E-Mail:info@neromusic.jp


主催:株式会社 ネロ楽器
特別協力:コンセール・パリ・トーキョウ
後援:株式会社ヤマハミュージックジャパン、日本ホルン協会

こちらからも詳細ご覧いただけます。
http://neromusic.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

「国際フランス音楽アカデミー」終了

20150618_academie_concert_n 指揮者のミッシェル・プラソン(Michel Plasson)が設立した「国際フランス音楽アカデミー」、金管の部が終了。(6月15日〜21日)

参加者は15人。その内の日本人参加者は4人。
日本人率高い!
新聞記事には、フランス人、スペイン人、日本人、イタリア人、デンマーク人と書いてありますが、参加人数順かもしれません。

20日21時からは、コンサートがありましたが、こちらも無料!

20150621_academie_andre_n 親友のパリ管弦楽団首席ホルン奏者のアンドレ・カザレ(André Cazalet)のクラスには、藝大生と卒業生が参加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

ミッシェル・プラソン設立の「国際フランス音楽アカデミー」金管の部(6月15日~21日)

Academie_anglais_10868187_354025318 指揮者のミッシェル・プラソン(Michel Plasson)が設立した「国際フランス音楽アカデミー」、今年は金管の部と声楽の部が行われますが、金管の部は6月15日〜21日。
場所は、Domaine Regismont Haut。

講師は素晴らしい方々ですが、親友のパリ管弦楽団首席ホルン奏者のアンドレ・カザレ(André Cazalet)も講師の1人。

このアカデミー、講習料・宿泊費・食費のすべてがミッシェル・プラソン設立の財団が負担し、受講生には一切の料金を請求しないという夢のような講習。

フランスって素晴らしい!!!

この素晴らしいアカデミー(金管の部)に、藝大生と卒業生が参加します!!

金管:6月15日~21日
Thierry Caens (tp) 
André Cazalet (hr)
Michel Becquet (tb)

歌:7月9日~18日
Sophie Koch(mezzo soprano)
José Van Dam (baryton basse)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

皆さま、良いお年をお迎えください!

20141007_hotel_verriere_1_n2014年も残り僅かとなりました。

今年も、たくさんの方々にお世話になりました。
皆さま、本当にありがとうございました!

私の今年のハイライトは、仕事の上ではコンサート企画復帰、プライベートでは8年振りのパリ行きでした。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください!

写真は、空港に行く前の時間を過ごしたホテルのバーから見たパリの空。 本当にきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

Joyeux Noel!!

20141224_noel_n 毎年、クリスマス前には”ホルンの柄のクリスマスグッズ”を探し回るのですが、今年は何故か見つかりませんでした・・・。

昨年、夫にプレゼントしたカップ、レトロな雰囲気が気に入っています。
基本的に夫が使っていますが、居ない時は私が横領。

おとなりは、10月にパリで購入したMAXIM’Sのオーナメント缶。
中身はハート型のチョコ。

カップの模様、昨年の記事をご覧ください。↓
http://paris-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-6969.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

第8回国際木管五重奏コンクール 『アンリ・トマジ』マルセイユ 申し込み方法&曲目

20141215_concours_tomasi_marsaille1 第8回国際木管五重奏コンクール 『アンリ・トマジ』マルセイユ の、申し込み方法&課題曲について

勿論、サイトに書いてありますが、根本君が日本語訳を送ってくれていますので、こちらに日本語で書きますね。

《申し込み方法》
締め切り2015年1月15日 ← 2014年12月31日
申込書送付先
Institut Français des Instruments à Vent
4, rue Bernard du Bois – BP 62042 – 13201 Marseille Cedex 01
もしくは
vents.institut@wanadoo.fr

参加希望者は次のものを必ず送付すること
1. 正しく記入され、サインをした申込書
2. 参加費。小切手(Institut Français des Instruments à Ventあて)、もしくは銀行振り込み

申込書は、こちらのページから。
http://www.ifiv-marseille.com/#!concours/c1lbg

《曲目》

第一次審査
課題曲
サミュエル・バーバー : 『サマー・ミュージック』 Op. 31, Ed. Schirmer
次の中より一曲選択
フランツ・ダンツィ : 次の五重奏曲より任意に : Op. 56, 67, 68
アントン・ライヒャ : 次の五重奏曲より任意に : Op. 88, 91, 99, 100
W. A. モーツァルト : セレナーデNo 11k 375 (David Walter編曲) Ed. Billaudot
W. A. モーツァルト : セレナーデNo 12k 388 (David Walter編曲) Ed. David Walter

第二次審査
課題曲
マルク=オリヴィエ・デュパン『LEO』コンクール用新曲 Ed. Tsipka Dripka
次の中より一曲選択
パキト・ドゥリヴェラ (Paquito D’RIVERA) : 『Aires tropicales』 Ed. International Opus Music
ミゲル・デル・アギヤ (Miguel Del AGUILA) : 木管五重奏曲第2番 Ed. Peermusic
(HL.228844)

第三次審査
課題曲
アンリ・トマジ : 『世俗的、神聖な五つの舞曲』 Ed. Leduc
次の中より一曲選択
テオドール・ブリュメール (Théodore BLUMER) : 木管五重奏曲ロ長調Op 52 Ed. Zimmermann
ジョゼフ・B・フェルスター (Joseph B. FOERSTER) : 木管五重奏曲ニ長調 Op 95 Ed. CHF
パヴェル・ハース (Pavel HAAS) : 木管五重奏曲 Op 10 Ed. Sadlo
カール・プリス (Carl PLISS) : セレナーデト長調 Ed. Doblinger

*マルク=オリヴィエ・デュパン『LEO』コンクール用新曲楽譜入手方法
- サイトから
www.tsipkadripka.eu > Catalogue > Pièces instrumentales > Léo, un portrait en musique > Acheter > Panier : 32€ TTC + 5 € Frais de port, soit 37 € > paiement par CB ou Paypal
- メールで
tsipkadripka@orange.fr

Tarif : 32,00 € TTC + 5,00 € Frais de port , soit 37 €
Paiement par virement sur IBAN (coordonnées sur www.ifiv-marseille.com)
ou chèque bancaire à TSIPKA DRIPKA - 29, rue Bouchardon - 75010 PARIS - France

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

第8回国際木管五重奏コンクール 『アンリ・トマジ』マルセイユ(2月23日~28日)

20141216_concours_tomasi_marsaille_ 友人のホルン奏者、根本雄伯君が、来年2月にマルセイユで行われる「第8回 アンリ・トマジ国際木管五重奏コンクール」の審査員を務めます。

☆応募締め切りが延びました! ←あと1か月
2014年12月31日 → 2015年1月15日
”コンピューターのトラブルの為”だそうです。

根本君、「是非、日本からも参加して!」と言っています。
日本語で講評が聞けるの、嬉しいですよね。
あと1ヶ月ありますので、是非!

8ème Concours International de Quintette à vent Henri Tomasi
第8回国際木管五重奏コンクール『アンリ・トマジ』
 マルセイユ(フランス)
2015年2月23日より28日まで
一般公開

審査委員長 : ノーマン・フォーゲット/オーボエ/カナダ
審査員
パトリック・ヴィレール / ファゴット (フランス)
ミカエル・ハーゼル / フルート (ドイツ)
マルク=オリヴィエ・デュパン / 作曲家 (フランス)
根本雄伯 / ホルン (日本)

コンクール事務局
Institut Français des Instruments à Vent – Cité de la Musique
4, rue Bernard du Bois – BP 62042 Marseille Cedex 01 France
+33 (0)4 91 39 29 02 - +33 (0)6 74 15 95 74
Email : vents.institut@wanadoo.fr
Site : www.ifiv-marseille.com
https://www.facebook.com/ConcoursTomasi?fref=ts

応募要項
*第八回国際木管五重奏コンクール『アンリ・トマジ』は木管五重奏(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン)のためのコンクールである。
*2014年12月31日まで応募可能である。
*メンバーの平均年齢が35歳を上回ってはいけない(更に全員が1974年12月31日以降に生まれていなければならない)。
*参加費は一団体につき250ユーロである。
*応募は参加費受領の時点で有効となる。
*演奏作品は下記のリストから選ぶこと。
*原譜を使って演奏すること(コピー譜の使用は厳禁)。コンクール並びに受賞者演奏会のすべての録音には演奏者、SPEDIDAM並びにコンクール実行委員会の間で事前の承諾が必要である。
*コンクールは一般公開される
*審査員の決定は絶対である。
*総額約一万ユーロ*の三つの賞が贈られる
*授賞式は2月28日に行われる。
*受賞団体はコンクール翌年にコンサート出演の機会を与えられる。
  *金額は変更される場合がある

詳細
*受験者はコンクール二週間前に詳しい要綱を受理する。
*受験者は2015年2月23日月曜日の午前中にマルセイユ音楽都市(Bastide de la Magalone)に来場のする事。
*要請があれば、事務局は期間中の滞在のために受験者へホテルリストを送ることができる。
*またAPEC(マルセイユ音楽院PTA) の協賛により、ホームステイなどその他の滞在の斡旋も行っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

ミシュラン邸サロン@パリ

”音楽家の為の運動療法”講座一色のブログになっていますね・・・。

今日は、パリの思い出を。
3週間前のことですが。

20141004_michelin_salon_n 10月の初めにパリに行きましたが、このパリ行きの目的は、パリのママ、マダム・ミシュラン Mme Jeannine Michelin に会うことでした。

マダム・ミシュランは、留学時代に可愛がってくださった室内楽の先生、マダム・ジャクリーヌ・ウークラン Jacqueline Heuclin 先生の親友。当時、3人のお子さんを、マダム・ジャクリーヌ・ウークラン 室内楽クラスに入れておいででした。

私が、ブラームスのクラ入りトリオを勉強した時のクラが、こちらの四男のニコラ君。このサロンで練習させていただき、学年末には仕上げにとコンサートもさせてくださいました。

このサロンでは、ヴァイオリンのジャック・ティボーがニコラ君のお祖父さんとアンサンブルをされていたと聞きました。本当に伝統あるサロン!

私が弾かせていただいたコンサートには、お客様として作曲家のクロード・パスカル氏がおいででしたし、ジャン=ミッシェル・ダマーズ氏はお昼を食べによくおいでになっていたというお話。

このサロンは、今もAMJM(Association Musicale Jean Michelin)のコンサート会場として使われていて、年に30回位のコンサートが行われています。CNSMの学生さん達や、コンクール準備をしている若い演奏家に演奏の場を提供するというのが、AMJMの考え。沢山の日本人の方も出ていらっしゃいます。

そう、2000年に読響がヨーロッパ公演をした時には、このサロンで”読響ホルンカルテット”のコンサートをさせていただいています!
本当に素晴らしい思い出です。このブログに記事がある筈。

このサロンでのコンサートをモデルとして(サロンを持っている訳ではないけれど)、私はコンサート企画を始めましたので、このサロンは、私の心の原点です。
ここに入り、息を吸って、「ああ、やっと帰ってきた。」という思いが胸に浮かびました。

今回の滞在中にも1回コンサートがあったのですが、パリ管のコンサートと重なっていたので、うかがえず・・・。
なかなかコンサートに行けないけれど、私、ずうっとAMJMの会員です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

岡本愛子 室内楽シリーズ No.11 「フランス近代のサロン音楽を集めて ~パリのスーパーソリストと共に~」 (10月28日)

20140929_chirashi_aiko_andre_n 友人のピアニスト、岡本愛子さんの室内楽コンサートが、10月28日(火)に開催されます。

フランス人演奏家が3人出演しますが、3人共、私の友達!!!

岡本愛子 室内楽シリーズ No.11
「フランス近代のサロン音楽を集めて ~パリのスーパーソリストと共に~」

日時:10月28日(火)19時開演
会場:オペラシティ リサイタルホール
全自由席:一般5,000円、学生3,500円

<出演者>
ピアノ:岡本愛子
フルート:カトリーヌ・カンタン(Catherine Cantin パリ国立歌劇場管弦楽団首席フルート奏者)
オーボエ:クリスト・グランデル (Christophe Grindel パリ国立歌劇場管弦楽団オーボエ奏者)
ホルン:アンドレ・カザレ (André Cazalet パリ管弦楽団首席ホルン奏者/パリ国立高等音楽院教授)
クラリネット:橋本光博
ファゴット:福士マリ子

このコンサートは、日仏文化交流90周年記念事業の一環で、文化庁芸術祭参加公演です。

ルーセルのディヴェルティスマン(木五)で始まり、岡本さんのピアノソロに依るラヴェル2曲、ドビュッシーの牧神の午後への前奏曲(fl&p)、プーランクのエレジー(hr&p)、プーランクのオーボエとピアノのためのソナタと続き、トリはプーランクの六重奏曲というプログラム。

とっても楽しみです!

お問い合わせ:新演奏家協会 03-3561-5012
http://www.shin-en.jp/schedule20141028/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

”のだめカンタービレ” | ”ばらの騎士” | ”カンピオン講座2011” | ”カンピオン講座2012” | ”カンピオン講座2013” | ”カンピオン講座2014” | ”カンピオン講座2015” | ”カンピオン講座2016” | ”カンピオン講座2017” | ”コンセール・パリ・トーキョウ室内楽講座” | ”パリ・オペラ座チケット予約” | ”パリ・オペラ座公演” | ”パリ国立高等音楽院(CNSM)入試関連記事” | ”パリ管(パリ管弦楽団)” | ”パリ&フランス” | ”フロマージュ・ブラン(白チーズ)もどき” | ”下北沢界隈 お気に入りのお店” | ”伴奏法” | ”地震” | ”日本を楽しむ” | ”歌舞伎パリ公演” | ”消夏法&エコ” | ”講座「フォーカル・ジストニアからの帰還” | ”軽井沢” | ”音楽家の為の運動療法( kinesitherapie pour les musiciens )、フォーカル・ジストニア(ジストニア)” | ”魔笛” | お菓子 | アニメ・コミック | オペラ | オーケストラ | カサドコンクール | グルメ・クッキング | バレエ | ピアノ | フルート | ホルン | 弦楽器(ハープ・ギターを含む) | 文化・芸術 | 料理 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 管楽器(フルートとホルンを除く) | 音楽