« 古屋晋一准教授が、フォーカル・ジストニアの運動機能低下を改善する新しい手法を開発 | トップページ | 神戸国際フルートコンクールの優勝者、サラ・ルヴィオン待望のリサイタル(5月30日) »

2014年4月18日 (金)

軽井沢の別荘、雪の被害無し!

20140415_karuizawa_ie_n1 軽井沢に行き、別荘の無事を確認してきました。
「百年に一度」と云われる豪雪にも耐えて、すっくと立っていました!

2月半ばに東京に大雪が降った日、軽井沢にも雪が沢山降ったというニュースが流れました。碓氷峠が通れなくなった時です。

軽井沢は寒いけれど、降雪は少ないところ。そこに沢山の雪が降った。
私は、それから数日間、家がぺっちゃんこになった夢を見ました…。

心配で堪らず、数日後に管理人さんに電話をして、軽井沢がどんな様子なのかということと、我が家の状況を訊ねたところ、管理人さんは管理事務所に行くのにも車が使えず、途中で車を捨てて歩いたとのこと。
当然、別荘の様子は直ぐに見に行けるような状況ではないと。

「なにしろ、百年に一度というくらいの雪ですから、状況を見に行けるようになるのに2~3週間かかると思います。」と。

それから数週間後に、管理人さんから「目視では被害無し」の連絡があった後も、心配性の私は水漏れ等の心配をし続けていました。
ですので、坂の下から家が見えた時は、本当にほっとしました!

家の中も問題無し!

20140415_karuizawa_hukinotou_n1 帰りに管理人さんの事務所に寄って、「家がぺっちゃんこになった夢を見てました。」と話したら、「古いけれど、あれだけしっかり建ててあるんですから、潰れるなんて、アハハハ~!」と笑われました。

我が家は被害無しでしたが、屋根からの雪でベランダが壊れたお家は沢山あったとのこと。
雪にも大丈夫な形の家を建ててくれた両親に心から感謝。

夏しか来なかった両親は出会うことがなかった蕗の薹、庭に沢山ありました。

|

« 古屋晋一准教授が、フォーカル・ジストニアの運動機能低下を改善する新しい手法を開発 | トップページ | 神戸国際フルートコンクールの優勝者、サラ・ルヴィオン待望のリサイタル(5月30日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢の別荘、雪の被害無し!:

« 古屋晋一准教授が、フォーカル・ジストニアの運動機能低下を改善する新しい手法を開発 | トップページ | 神戸国際フルートコンクールの優勝者、サラ・ルヴィオン待望のリサイタル(5月30日) »