« チョコレートケーキ、最後の1切れ・・・ | トップページ | カルディのお楽しみ袋、ゲット! »

2013年12月28日 (土)

イザベル・カンピオン指導の“音楽家の為の運動療法2013”講座を終えて1ヶ月

20131212_odaiba_megami_n1イザベル・カンピオン指導の“音楽家の為の運動療法2013”講座を終えて1ヶ月ちょっとになります。

この1ヶ月、後半は体調不良ではありましたが、やるべきことは終え、沢山考えました。

1ヶ月間にやったこと、考えたこと、そして未来への準備について、書かせていただきます。

1、まずは、事後処理。

会計の締め、お礼メール等々。
たかが事後処理ともいえません。
延べ90人の分ですから。

2、そして、企画・運営について。

いろいろな方にご意見をいただきました。
“的外れなご意見”や“事実誤認に基づくご意見”は外して検討させていただきました。

様々なご意見を検討する中で、「もともと、この講座は個人企画なのだ。」ということを再確認することとなりました。

Concert Paris-Tokyoの全ての催しは、個人企画です。
コンサート企画に関しては“超好みの激しい人間の自己満足企画”に徹しておりますが、”音楽家の為の運動療法”の講座に関しては、そういう訳には参りません。

多くの方においでいただく講座であり、また、悩みを抱える方々にもおいでいただくものですから、”受講される方々の満足”を考えなければならない性質のものです。しかし、そうはいっても、この講座もまた、全くの個人企画です。

原点に立ち返り、受講される方々のご意見を承りつつも、「自分のカラーでの企画」を念頭に、進んで参ろうと思います。

”こんな講座をするよ。気に入った方、この指、止まれ~!”という感じで。

3、懸案の事務省力化の道筋作り。

事務省力化の道筋は大体出来ました。
少しづつ省力化して参ります。

4、将来に向けてのカンピオンとの話し合い。

今、カンピオンと将来に向けての話し合いをしています。
実際に講座企画に入る前に、講座の基本方針について意見交換をし、共通認識を持つことが必要と考えましたので。

そして、今、思うこと。

事務省力化は確かに大事だ。
けれど、心を置き忘れた企画じゃあ、やっても仕方ない。
やはり、心を込めた企画には、それなりの手間隙がかかるんだよね。
時間との折り合いをつけながら、 自分らしく、心を込めて続けていこう!

写真は、お台場の「自由の女神像」。
こんな感じで、いきたい!!

|

« チョコレートケーキ、最後の1切れ・・・ | トップページ | カルディのお楽しみ袋、ゲット! »

音楽」カテゴリの記事

”音楽家の為の運動療法( kinesitherapie pour les musiciens )、フォーカル・ジストニア(ジストニア)”」カテゴリの記事

”カンピオン講座2013”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イザベル・カンピオン指導の“音楽家の為の運動療法2013”講座を終えて1ヶ月:

« チョコレートケーキ、最後の1切れ・・・ | トップページ | カルディのお楽しみ袋、ゲット! »