« 東京藝術大学・ジュネーヴ音楽大学 交流演奏会 東京公演(10月27日) | トップページ | イザベル・カンピオン指導の”音楽家の為の運動療法講座 2013” 21 開催講座一覧 »

2013年10月28日 (月)

映画「クロワッサンで朝食を」

20131028_film_croissant_n18月半ばからカンピオンの講座の企画に邁進してきましたが、最近ちょっと疲れ気味。体調も気持ちもイマイチになっていました。

最後の企画を出したので、これから少し遊びます!
気持ちをリフレッシュして、カンピオンの来日に備えることにします。
お遊び第一弾として、1か月以上前から観たかった映画「クロワッサンで朝食を」を観に、新宿武蔵野館へ!
映画の舞台は、パリ。 懐かしい風景満載でした。

映画のタイトルって、日本語タイトルからは原題が予測できないものが多いのですが、この映画も然り。
原題は、"Une Estonienne à Paris"、パリのエストニア人です。

私、このタイトルを見た時、"Un Américain à Paris" を思い出しました。
同時に、George Gershwinの音楽も思い出してしまった。

今日、映画を観てから、珍しくリーフレット(プログラムとは言いませんよね?)を買ったんですが、このことに触れた記述は無し。 外国人のパリへの憧れが色濃く出ているように感じられたので、"Un Américain à Paris" を意識して作られているんじゃないかと思ったんですが・・・。

英語のタイトルは、"A Lady in Paris"。英語のタイトルにも「エストニア」は入っていない。
でも、パリアメの英語版"An American in Paris" と"A Lady in Paris"は似ていますね。

そういえば、パリ管を率いて来日する Paavo Järvi(パーヴォ・ヤルヴィ)氏は、エストニア人。
パリ管サイトのインタビュー冒頭で、"Je suis estonien."と言っていたなと映画を観ている時に思い出しました。

20131028_croissant_le_petit_mec_n1武蔵野館でリーフレットを買い、伊勢丹前の通りに出て、
丸井の1階のLe Petit Mec へ。
私、クロワッサン狂。あの映画観て、クロワッサン食べないなんて、考えられない!
クロワッサンが潰れないように大事に持ち帰り、カフェオレを作っていただきました!
Le Petit Mec のクロワッサン、美味しい!
勿論、映画の中と同じ、クロワッサン・オ・ブールを買い、バターの香りを楽しみました。
ジャンヌ・モローの"Delicieux!"という一言が、耳から離れない。
 

|

« 東京藝術大学・ジュネーヴ音楽大学 交流演奏会 東京公演(10月27日) | トップページ | イザベル・カンピオン指導の”音楽家の為の運動療法講座 2013” 21 開催講座一覧 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

”パリ&フランス”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「クロワッサンで朝食を」:

« 東京藝術大学・ジュネーヴ音楽大学 交流演奏会 東京公演(10月27日) | トップページ | イザベル・カンピオン指導の”音楽家の為の運動療法講座 2013” 21 開催講座一覧 »