« 「PIPERS 377号 2013年1月号」 | トップページ | サンタさんはウィンナホルンがお好き! »

2012年12月21日 (金)

「全ての演奏家の為の“アトリエ”」の感想

20121219_parc_ueno_n1先日、 カンピオンの「全ての演奏家の為の“アトリエ”」を受講して下さったSさん&Aちゃんとランチしました。
“アトリエ”体験、とっても新鮮だったそうです!
上野公園内のパーク・サイド・カフェで、おしゃべりしながらランチしたんですが、席が入口のすぐ近くだったので、テラス並みの寒さ。ひざ掛けを貸していただいて足に巻きました。

パイパーズ掲載のカンピオンのインタビュー記事にも書いてありますが、やたらと脱力するのではなく、「しっかり立ち、骨盤・背骨を支えていくこと」が演奏に必要と、”アトリエ”でしっかり学びました。
”無駄な力を入れない。”ということが、いつの間にか”兎も角、力を入れないように。”に変わってしまったんでしょうね。
これは、日本だけで言われることではないそうですが、カンピオンから、「演奏も運動の一種なのだから、全く力を入れずに出来る筈はない。」と言われました。考えてみれば、そうですよね。
ランチしながら、“アトリエ”のことを含めて、カンピオンの講座の感想をいろいろ聞かせていただきましたので、今後の企画に役立てたいと思っています。
“アトリエ”でやったエクササイズをしたら、顔のむくみがなくなったというお話も出て、 「演奏にだけじゃなくて、美容にも良いんだね!」と、盛り上がりました。
多分、首の緊張が取れて、リンパの流れが良くなったということだと思いますが、身体に無理を掛けずに練習が出来るって、素晴らしいことですよね!

|

« 「PIPERS 377号 2013年1月号」 | トップページ | サンタさんはウィンナホルンがお好き! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

”音楽家の為の運動療法( kinesitherapie pour les musiciens )、フォーカル・ジストニア(ジストニア)”」カテゴリの記事

”カンピオン講座2012”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「全ての演奏家の為の“アトリエ”」の感想:

« 「PIPERS 377号 2013年1月号」 | トップページ | サンタさんはウィンナホルンがお好き! »