« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

フランク・ブラレイ(p)リサイタルのテレビ放映(11月4日)

”フランク・ブラレイ”での検索が増えています。

11月4日のクラシック倶楽部(BSプレミアム)で2008年11月20日に東京文化会館で行われたリサイタルの再放映があるからのようです。

クラシック倶楽部 -フランク・ブラレイ ピアノ・リサイタル-
チャンネル:BSプレミアム
放送日: 2011年11月4日(金)
放送時間:午前6:00~午前6:56(56分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

“うわばみ焼”@寄居

“うわばみ焼”@寄居
“うわばみ焼”@寄居
昨日、別荘じまいの為、軽井沢往復しました。

天気の良い土曜日だったので、行きも帰りも、渋滞しました。

帰り、渋滞70分と出たので、早めに一休みすることにして、入ったのが寄居SA。星の王子様がテーマのSAでした。

そこで、“うわばみ焼”、買いました!
なんと、袋の文字もフランス語。

星の王子様が、「象を呑み込んだ“うわばみ”だから恐い。」と言った帽子型のカステラ焼。中に、うっすら象の形が見えます。

「中身は?」と訊ねたら、「申し訳ありません。中までカステラです。」とのお返事でしたが、焼き立ての温かい“うわばみ焼”、渋滞の疲れを吹き飛ばしてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

44万アクセス突破 ←何と1ヶ月前・・・

44万アクセス突破、何と1ヶ月も前でした・・・。忙しさに取り紛れて、書くのを忘れておりました。
43万5千アクセスから44万アクセスまでは21日間。普通のペースでした。

下記の記事が、44万アクセス突破時点での人気記事ランキング(7日分の集計)です。

1位:パリ・オペラ座の座席表
2位:パリ・オペラ座チケット予約方法②
3位:“ドラえもん電車”@新宿駅
4位:指揮者の山田和樹さん、11月にパリ管で代役デビュー!
5位:リーズ・ドゥ・ラ・サール公式サイト
6位:”パリ国立高等音楽院(CNSM)”入試の際の年齢制限の調べ方
7位:カルディの食品福袋&もへじ福袋、無事ゲット!!(2011年)
8位:”CNSM”と”パリのコンセルヴァトワール”の違いは?
9位:ルクエで茄子料理!
10位:パリ・オペラ座チケット予約方法

今回は、音楽関連記事7つに、食べ物関連2つ、つぶやき1つでした。
つぶやきは、ドラえもん電車。

音楽関係記事は、定番のパリ・オペラ座予約関連3つと、パリ国立高等音楽院関連2つ、のだめ絡み1つ、友人ピアニスト、リーズ・ドゥ・ラ・サールの記事1つでした。

食べ物関連記事は、福袋関連1つ、ルクエ関連1つでした。

*第1位になっている”パリ・オペラ座の座席表”、何とリンク切れになっているとのこと、友人からのメールで知りました。人気記事なのに申し訳ないです・・・。何とかしたいのですが、このところ大変な忙しさで手が回りそうもありません。時間が出来たら、直しますので。

検索フレーズランキングは、こちらです。

1位:パリ オペラ座 予約
2位:ドラえもん電車
3位:豊田実加
4位:豊田実加 ホルン
5位:山田和樹 のだめ
6位:パリ国立高等音楽院
7位:カルディ 福袋
8位:パリ オペラ座 チケット
9位:リーズ・ドゥ・ラ・サール
10位:ファゴット ジストニア

毎回、検索フレーズランキングは人気記事ランキングと重なるものが多いのですが、今回、重なっていないのは、3つ。

第3位&第4位の豊田実加さん、同姓同名の作家がおいでですが、おそらく、ホルン奏者として検索されていると思います。豊田実加さんは、”第1回日本ホルンコンクール”に於いて第3位を得ておられます。

第10位の”ファゴット ジストニア”、これは人気記事ランキングとの関連は無いと思います。コンセール・パリ・トーキョウは、ジストニア関連の講座を11月末~12月初めに開催致します。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

ビバンダムのストラップ

ビバンダムのストラップ
芸大に行った時、上野駅の中のお店を見ていたら、ビバンダム・グッズを売っているお店がありました。

悩んだ末、ストラップを購入。身に付けられるので。

パリのママ、ミシュラン夫人はお元気かしら?長らくファックスもしない”親不孝娘”です・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

ふうっと一息

ふうっと一息
事務的な仕事に追われて少々疲れ気味。

こんな時、馴染みの有る店でぼおっとする時間が持てると、リフレッシュ出来ます。

下北沢のセガフレードで一息。今日はブラウニーも食べちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

開講予定日のお知らせ イザベル・カンピオン指導の”音楽家の為の運動療法 グループ講座” 2011年 

イザベル・カンピオン指導の”音楽家の為の運動療法 グループ講座” 、11月終わりから12月初めにかけての開催とお知らせ致しましたが、開講予定日が決まりましたので、こちらに書かせていただきます。

未だ決定というところまでいかないのですが、遠くにお住まいの方々からのお問い合わせもあります為、開講予定日をお知らせします。
日程がはっきり決まりましたら、また、こちらに書かせていただきます。

お申し込み方法は、日程が決まりましてからお知らせします。

講師を務めるイザベル・カンピオン(Isabelle Campion)は、 パリの ”la Clinique du Musicien et de la Performance Musicale” に勤務する運動療法士。
カンピオンの所属する、パリの ”la Clinique du Musicien et de la Performance Musicale”は、ジストニア(フォーカル・ジストニア)等のトラブルを持つ音楽家を指導する場でもありますが、同時に、身体の構造を知って、より良い演奏法を習得したいと考える音楽家を指導する場でもあります。

音楽家のトラブルとして、昨今、非常に注目されるようになったのがジストニア(フォーカル・ジストニア)。コブクロの休演の理由として挙げられたことから、ジストニアという言葉は、音楽家だけでなく、多くの方に知らせるようになった思いますが、”la Clinique du Musicien et de la Performance Musicale”は、ジストニアの治療にも豊富な経験を持っております。

私自身にはジストニアの症状はなく、また、治療の知識もありませんが、友人の紹介で知り合ったイザベル・カンピオンを講師とする講座をこれまでに3回企画しております(2009年6月、2010年7月、2010年12月)。
講座を始めてみまして、如何に多くの方がジストニアで悩んでおいでかを知りました。

演奏する方、演奏家を目指す方の20%が、ジストニア及びジストニア予備軍といわれておりますが、指導をされる方がジストニアに関する正しい知識を持たれれば、発症を食い止めることが出来ると思っております。

イザベル・カンピオン指導の”音楽家の為の運動療法 グループ講座”
開講予定日:2011年11月30日(水)、12月1日(木)、12月4日(日)
会場:山手線鶯谷駅下車徒歩5分のスタジオ
主催:コンセール・パリ・トーキョウ

*ジストニア(フォーカル・ジストニア)等のトラブルをお持ちの方が受講される為、これまでは、受講者の許可があるコマのみを公開しておりましたが、このところ、音楽家の身体的トラブルとその治療法に注目が集まるようになりましたので、今回は、基本的に公開(見学者6名程度)の形式で開講致したく思っております。

*時間的余裕がない為、個々のお問い合わせへのお返事が出来ない可能性がありますが、悪しからずご了承下さい。

イザベル・カンピオンの経歴や、フォーカル・ジストニアについては、コンセール・パリ・トーキョウのサイトをご覧下さい。
http://www.concert-paris-tokyo.com/

カンピオンの所属する、パリの ”la Clinique du Musicien et de la Performance Musicale”のサイトは、こちらです。
http://cliniquedumusicien.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

実家で“なだ万”のお弁当

実家で“なだ万”のお弁当
今日は、友人に実家に来てもらい、一緒に“なだ万”のお弁当をいただきました。不室屋のお吸い物を添えて。

母が好きだった組み合わせです。

すすきの上に、柿が色づいて、鳥達もやってきます。

友人が帰った後、母が作った陶器の作品を荷造り。今度、軽井沢に運びます。

母を素人ですが、長年、生花を教えていましたので、素敵な花器も作っています。

箸置きやぐい呑みといった実用的な食器もあります。

段ボール箱3個分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

東京芸術大学旧奏楽堂

東京芸術大学旧奏楽堂
久し振りに母校の芸大へ。

上野公園を歩いて行きました。芸大での約束まで少し時間があったので、旧奏楽堂前のベンチで一休み。

私、この奏楽堂で卒業演奏しましたし、入学式も卒業式も、ここでした。

でも、この建物を見てもそんなに懐かしく思わないのは、私達が学生の頃と色が違うから。
この色がオリジナルらしいのですが、私達の頃はブルーだったんです。

ガタガタ鳴る廊下や、鳩が巣を作っていたパイプオルガン、懐かしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

近江屋のドライケーキ

近江屋のドライケーキ

誕生日のプレゼントにいただいた近江屋のドライケーキです。

美味しかった!包み紙も懐かしい!

ドライケーキをいただくのは初めてですが、以前お店には何回か行ったことがあります。

実は、近江屋の社長さんのお子さん達とウチの子供達は幼稚園時代の友達でした。年は違いましたが、小さな幼稚園だったので、年に関係ない良いお付き合いがありました。

とはいえ、一体何年前のことでしょう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

ドイツからの友人来訪

今日は、ドイツ人の”息子”ペーター君が訪ねてきてくれました!

”息子”といっても、勿論、本当の息子ではありませんが、ペーター君とウチの息子は、15年ほど前に、お互いの家に1ヶ月づつ泊まり合うという国際交流プログラムに参加したんです。なので、ペーター君は1ヶ月間我が家の子供だったのです。

一昨年の12月に、彼の弟のロベルト君が旅行で日本に立ち寄った時に我が家に来ましたが、ペーター君は国際交流プログラム以来初めての来日。

15歳のペーター君が日本で気に入った食べ物は蒟蒻と胡麻油!帰国する時、胡麻油の小瓶ベストのポケットにを大事に入れて飛行機に乗りました。(今だったら、チェックで引っかかって捨てられちゃいますね。)

今回は出張での来日です。日本が気に入った為か、彼はドイツで日本企業に就職。急遽、来日が決まり、大急ぎでヴィザを取ったらしいですが、来る前のメールは「日本で蒟蒻とお蕎麦を食べたい。」でした。

今夜は、蒟蒻の炒り煮も用意。メインはお好み焼きでした。

このところ大忙しで週末も休めなかった息子も、今日は帰宅。抱き合って再会を喜ぶ姿は感動ものでした。確実に、友達以上の何かがあります。10代の時の国際交流経験って良いものですね。一緒に過ごしたダルムシュタット (Darmstadt) の話に花が咲いていました。

201110222221000こちらは、ペーター君からのお土産のチョコレート。

ロベルト君が来てくれた時の記事は、こちら。
2009年12月27日 (日) シュトーレン(Stollen)
http://paris-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/stollen-3e5a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

秋の庭

秋の庭
実家に行きました。

今年は、すすきの時期が長いです。柿も色づき始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

牛肉ゴボウの煮物

牛肉ゴボウの煮物
煮物が美味しい季節になりましたね。

今日は、牛肉ゴボウの煮物を作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

イザベル・カンピオン指導の”音楽家の為の運動療法 グループ講座” 2011年

イザベル・カンピオン指導の”音楽家の為の運動療法 グループ講座”を、11月末から12月初めにかけて開催することになりました。
詳細が決まりましたら、こちらに書かせていただきます。

講師を務めるイザベル・カンピオン(Isabelle Campion)は、 パリの ”la Clinique du Musicien et de la Performance Musicale” に勤務する運動療法士。

カンピオンの所属する、パリの ”la Clinique du Musicien et de la Performance Musicale”は、フォーカル・ジストニア等のトラブルを持つ音楽家を指導する場でもありますが、同時に、身体の構造を知って、より良い演奏法を習得したいと考える音楽家を指導する場でもあります。

トラブルを持つ方専門の指導機関ではありませんが、日本での講座の場合、トラブルを持つ方からのお申し込みが多い為、トラブルを持つ方への指導を優先的にお受けすることを基本に考えております
イザベル・カンピオンの経歴や、フォーカル・ジストニアについては、コンセール・パリ・トーキョウのサイトをご覧下さい。
http://www.concert-paris-tokyo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

誕生日に母を思う

誕生日に母を思う
今日は私の誕生日です。ってことは、母が私を生んでくれた日なんです。

今日のお昼は、夫が買って来てくれた“なだ万”のお弁当。このお弁当は母の好物、母を思い出しながら、いただきました。

母が元気な時は、このお弁当を新宿の小田急百貨店の地下で買って実家に行き、一緒にお昼をしていました。食が細くなってからは、お弁当のおかずを半分位、予め別皿に移し、夕食用にキープするようになりました。

お昼の分のおかずも、食べ易いようにそれぞれを一口大に切り分けていましたっけ。

「色もきれいで美味しいわね。」と喜んでくれたこと、思い出します。

一昨日、実家でフルート(野勢善樹さん)&ハープ(福本しのぶさん)のコンサートをし、その時に、私のお宮参りのサテンのドレスをお客さまにご披露しましたが、母の引き出しの中からは、私が生まれた時から1歳位迄の成長を記録したノートも見つかりました。
大事に育ててくれたんだなと、つくづく思いました。

コンサートの前夜、母の三面鏡をピカピカに磨きました。それまで母を映していた鏡を拭くことが出来ずにいたのですが、何だか吹っ切れて、きれいにしました。

コンサートで使ったハープは、母が六十の手習いで弾いていたもの。メンテナンスして蘇った楽器の音、母に届いたと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

デュオ・プリマ コンサート@浜離宮朝日ホール(10月17日)

デュオ・プリマの結成10周年記念&新CD発売記念コンサートが、本日、浜離宮朝日ホールで行われました。

デュオ・プリマは、礒絵里子さんと神谷未穂さんの二人のヴァイオリニストのデュオ。お二人は従姉妹同士で、共に10月17日生まれ。

今日は、未穂さんのご主人さまのチェリスト、エマニュエル・ジラールさんと、ピアニストの中川賢一さんが参加されましたが、本当に素晴らしいコンサートでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

2日早いけど

2日早いけど
誕生日を祝っていただきました!

ケーキは、“パティシエ イナムラ ショウゾウ”のいちごロール。

30人分に分けたので、一口サイズです。沢山の方に祝っていただけて、とても嬉しかった!!

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

日本近代文学館の喫茶コーナーでランチ

日本近代文学館の喫茶コーナーでランチ
ワンプレートランチ、お魚と煮物とサラダにご飯。心のこもった味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

秋
和食のお弁当、きれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

セガフレード@下北沢

セガフレード@下北沢
久し振りに、下北沢のセガフレードに行きました。

上着を羽織ってテラス席でカフェラテ。気持ち良かったです。

目の前のお店のディスプレイ、ハロウィン色でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

フランス語のメール・・・

11月に来日する友人達からのメールが増えてきました。

私、フランス語は好きなのですが、朝メールボックスを開けた時に3通以上フランス語のメールが入っていると、ぐえっとなります・・・。
このところ数日がそんな状態。

フランス語のメールは”溜めると大変”という気持ちがあって、なるべく早く返事を書くようにしています。辞書を片手に必死で返事を書くのですが、フランス語は相手にとっては母国語。十分位で返事が来てしまったりする・・・。あ~ん(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

福本章画伯を偲ぶ会

今夜行われた「福本章画伯を偲ぶ会」に行って参りました。

私は、ハ-ピスト・福本しのぶちゃんのお父さまとして、福本章さんにお目に掛かりましたが、あとから、いろいろなご縁があったことがわかりました。
パリ留学時代の友人の奥西賀男さんが福本章さんを知っていらっしゃいましたし、友人のガラス作家・磯谷晴弘さんは倉敷の大学で福本章さんと一緒に教えていた時期があり、友人のシェフ・菅沼豊明さんともお知り合いでした。友人の紹介でパリで出会った作家の吉村葉子さんも、福本ファミリーとお親しくされていて、本当に世間は狭いを実感させられました。

今夜は、沢山の方々の話をうかがい、福本章さん秘蔵の古酒をいただきました。

あの美しい色調の絵が、もう描かれることがないと思うと本当に寂しいです。心からご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

絶品チーズトースト

絶品チーズトースト
このところ、食べ物記事が少ないので、チーズトーストの記事を。

軽井沢で暖炉の火を背にして食べたこのチーズトースト、絶品でした!

美味しそうな香りに、思わずガブっとかじってしまい、それから「あっ、写真!」と気付きましたもので、歯形付き。

パンは勿論、マツヤで買う“もっちりやま”。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

スカイツリー

スカイツリー
実家の2階からは、寛永寺の木立越しにスカイツリーが見えます。

建築中はクレーンが沢山有りましたが、もう全部下ろされたのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

読響+渡邊+ケレマン(vn) (10月9日&10日)

明日(10月9日)と明後日(10月10日)、読響の演奏会が行われます。指揮は渡邊一正、ヴァイオリンはバーナバス・ケレマン(Barnabás Kelemen)。

指揮は、オラリー・エルツ(Olari Elts)の予定でしたが、精密検査が必要となり来日出来なくなった為、渡邊一正に変更になりました。

プログラムは、ラフマニノフの前奏曲で始まり、チャイコのヴァイオリンコンチェルト、そして、ラフマニノフのシンフォニーの2番。ロシアものですね。

第6回オペラシティ名曲シリーズ
2011年10月 9日(日) 18:00開演 東京オペラシティコンサートホール  

第6回オペラシティ・マチネーシリーズ
2011年10月10日(月・祝) 14:00開演 東京オペラシティコンサートホール

指揮:渡邊一正
ヴァイオリン:バーナバス・ケレマン

ラフマニノフ(ストコフスキー編曲):前奏曲 嬰ハ短調 作品3-2〈鐘〉
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
ラフマニノフ:交響曲 第2番 ホ短調 作品27品58

詳細につきましては、下記のサイトをご覧下さい。
http://yomikyo.or.jp/index.php
*上記サイトの情報に依りますと、両日共に全席売り切れとなっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

パリ・オペラ座の12月・1月の予約が開始されました。

パリ・オペラ座の12月・1月の予約が、10月3日と4日に開始されました。

ニュースレターは10月1日に届いていましたが、そのまま受信箱に入れてあり、先ほど開けたところです。

予約が開始されたのは、チャイコフスキーのオペラ「スペードの女王」、デンマーク王立バレエ団公演、ヌレエフ版シンデレラの3演目です。

ヌレエフ版シンデレラの衣装は、Hanae Mori ですって!

パリ・オペラ座のサイトは、こちらです。
http://www.operadeparis.fr/cns11/live/onp/index.php?lang=fr

*英語のページもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

横川サービスエリア

横川サービスエリア
昨日、雨の中を軽井沢から東京へ。軽井沢、本当に寒かった…。

横川サービスエリアで休憩した時、ふと空を見上げたら、雲の中に山が見え隠れして、まるで水墨画。

写真を撮ってみたけれど、やはりダメ…。ネス湖のネッシーみたいです。

横川サービスエリアを出たら、雨の音がパチパチと大きくなりました。どうやら雹が降ったらしい。昨日は、秋を通り越して冬でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

軽井沢へ

軽井沢へ
昨日、実家から軽井沢へのプチ引っ越しをしました。

行ったら寒かった…。夕方には暖炉に火を入れました。

でも、紅葉はまだまだ。枝の先が、ほんのちょっと赤くなっているだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

ブログ5周年記念日

本日、ブログ5周年記念日を迎えました!

ここのところ忙しくて、ブログ更新を少し怠けておりますが、無事に5周年を迎えることが出来ました。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

昨年の記事、”ブログ4周年記念日”は、こちらです。↓
http://paris-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-5c27.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

第52回ブザンソン国際若手指揮者コンクールで垣内悠希さんが優勝(9月23日)

”第52回ブザンソン国際若手指揮者コンクールで垣内悠希さんが優勝”というニュースを見たのは先週末のこと。

2回続きで日本人が第1位を得たことになります!

”垣内”という苗字から、或る友人を思い出し、「もしかして彼の息子さん?」と思いネット検索してみようと思ったのですが、その後忙しくしていて、やっと昨夜調べる時間が取れました。

父上は伝統音楽研究者とありましたので、「あれれ?」と思いましたが、藝大作曲科出身ということで、「もしかして?」の気持ちが強くなりました。いろいろ検索したところ、芸大同期作曲科出身の垣内幸夫さんの息子さん。私の勘が当たりました!

垣内幸夫さん、学生時代、おっとりとした感じの方でしたが、息子さんはキリっとした感じ。写真からは親子と思えなかったのですが、何となく気になって調べてみました。

素晴らしいコンクールに優勝された垣内悠希さんのこれからの活躍、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »