« 読響+下野(7月19日) | トップページ | “ホレンディッシェ・カカオシュトゥーべ”のバウムクーヘン »

2011年7月19日 (火)

読響第506回定期演奏会

読響第506回定期演奏会に行きました。何だか久し振りでオケを聴いた気がします。

入り口付近でお会いしたOさんから「1曲目が面白い。」という情報をいただき、エスカレーターを上がっているところでTさんにお目に掛かったら、やはり「1曲目は聴き逃すな!と言われた。」というお話。

噂通り、1曲目の下野竜也さん編曲の ヒンデミット:〈さまよえるオランダ人〉への序曲 ~下手くそな宮廷楽団が朝7時に湯治場で初見をした~ は、笑えました。湯治場の雰囲気を出した服装も楽しく、皆さま芸達者で驚きました。

2曲目の ヒンデミット:管弦楽のための協奏曲 作品38 は日本初演とのことでしたので、当然ながら耳に馴染みはありませんが、いろいろな楽器が活躍する面白い曲でした。

3曲目の ブルックナーのロマンティック は、よく知られた曲。重厚ですが、分かり易い筋立て。この季節には、ちょっと暑苦しいかなというのが個人的な感想。

疑問に思ったのは、3楽章の後の”ブラボー”。う~む・・・。特にこの楽章が感動的だったという意味での確信犯の”ブラボー”なのか、終わったと思っての”フライングブラボー”か分からないのですが、どちらにしても、シンフォニーの流れと演奏者の集中力を途切らせる行為だと思いました。

確信犯的”ブラボー”であるならば、各人の賛意の表明の自由を認めないわけにはいかないと思います。けれど、”フライングブラボー”であるならば、本当に止めて欲しいなと思います。歌舞伎の掛け声ではないですが、”ブラボー”が言いたければ、楽曲のきちんとした勉強が必要。

何で真っ先に、”ブラボー”が言いたかったり、拍手したかったりするのか、私には分かりません。私自身は、一呼吸おいてから拍手するのが好きなもので。

第506回定期演奏会2011年7月19日(火) 19:00開演 サントリーホール

指揮:下野竜也(読売日響正指揮者)

《下野プロデュース・ヒンデミット・プログラムVI》
ヒンデミット:〈さまよえるオランダ人〉への序曲 ~下手くそな宮廷楽団が朝7時に湯治場で初見をした~(下野竜也編・弦楽合奏版、世界初演)
ヒンデミット:管弦楽のための協奏曲 作品38(日本初演)
ブルックナー:交響曲 第4番 変ホ長調 WAB.104〈ロマンティック〉(ハース版)

|

« 読響+下野(7月19日) | トップページ | “ホレンディッシェ・カカオシュトゥーべ”のバウムクーヘン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読響第506回定期演奏会:

« 読響+下野(7月19日) | トップページ | “ホレンディッシェ・カカオシュトゥーべ”のバウムクーヘン »