« 読響第503回定期 | トップページ | 節電&省エネ料理 »

2011年4月19日 (火)

ロジェ・ムラロ(p)リサイタル ”たったひとりの幻想交響曲”(4月21日)

16日と昨日、カンブルラン指揮の読響と共にラヴェルのピアノコンチェルト2曲を演奏をして聴衆の喝采を浴びたピアニストのロジェ・ムラロ(Roger Muraro)が、明後日(4月21日)にリサイタルをします。

タイトルは、「ロジェ・ムラロ  たったひとりの幻想交響曲」。

このリサイタルのメインとなるベルリオーズ=リスト/幻想交響曲」のCDは、デッカレーベル(ユニバーサル・ミュージック)から発売されており(2011年1月21日に発売)、日本でも入手可能とのことです。

ロジェ・ムラロ たったひとりの幻想交響曲
~ロジェ・ムラロ ピアノリサイタル~">
2011年4月21日(木)19:00開演(18:30開場)
東京文化会館小ホール
リスト:巡礼の年報第1年「スイス」より
ドビュッシー:映像第1集
ベルリオーズ/リスト編:幻想交響曲

詳細は、デュオジャパンのサイトをご覧下さい。
http://www.duojapan.com/p01_schedule/

昨夜のコンサートを聴きましたが、素晴らしかったです。本プロのラヴェルのピアノコンチェルト2曲が素晴らしかったのは勿論ですが、アンコールのメシアンがこれまた美しく、ピアノの音とは思えない”風のような音”が聞こえました。この音は、メシアンのトゥーランガリラ交響曲の時に聞こえた音。「メシアンも聴きたいな。」と思いました。

|

« 読響第503回定期 | トップページ | 節電&省エネ料理 »

音楽」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロジェ・ムラロ(p)リサイタル ”たったひとりの幻想交響曲”(4月21日):

« 読響第503回定期 | トップページ | 節電&省エネ料理 »