« 今年も”逆チョコ”が欲しい! | トップページ | ”逆チョコ”ゲットしましたが・・・。 »

2010年2月11日 (木)

読響+セゲルスタム+シメオ(tp)

明日(2月12日)と明後日(2月13日)、読響の公演が行われます。

指揮はレイフ・セゲルスタム(レイフ・セーゲルスタム、Leif Segerstam)、トランペットはルベン・シメオ(Rubén Simeó)。

トランペットのルベン・シメオは、1992年スペインのビゴ生まれ。ということは18歳?読響のサイトにも、”天才トランペット少年登場”と書かれています。

13歳の時に、モーリス・アンドレに招かれて、フランスのボルドーで開かれた国際トランペット週間に参加して人々に驚愕を与えたルベン・シメオは、現在、巨匠アンドレの元で研鑑を積んでいるそうです。
2005年「第6回フィリップ・ジョーンズ国際コンクール」(フランス)第2位
2006年「第6回モーリス・アンドレ・トランペット・コンクール」(フランス)第2位

モーリス・アンドレ・トランペット・コンクールといえば、このコンクールに優勝した後、ホルンを学び、今は首席ホルン奏者としてフランス国立管弦楽団でホルンを演奏つつ、トランペット奏者としても活躍中のダヴィッド・ゲリエ(David Guerrier)を生んだコンクール。
ダヴィッド・ゲリエの優勝年を調べたくなって、モーリス・アンドレ・トランペット・コンクールのサイトに行ってみました。ダヴィッド・ゲリエは2000年の優勝者でした。
http://www.civp.com/andre/magb/palmares.htm

ルベン・シメオは、Rubén Simeó Gijon と載っていました。スペインの方は、姓名の後に出身地を入れると聞きますが、Gijon出身のRubén Simeó さんなのでしょうか?

第523回名曲シリーズ
2010年2月12日(金) 19:00開演 サントリーホール

第169回東京芸術劇場名曲シリーズ
2010年2月13日(土) 18:00開演 東京芸術劇場

指揮:レイフ・セゲルスタム
トランペット:ルベン・シメオ

ワーグナー:楽劇〈トリスタンとイゾルデ〉から 前奏曲と愛の死
ハイドン:トランペット協奏曲
セゲルスタム:交響曲第198番 "Spring or Winter, Winter or Spring" 【世界初演】
ワーグナー:楽劇〈ニュルンベルクのマイスタージンガー〉から 第1幕への前奏曲

この公演につきましては、下記のサイトをご覧下さい。
http://yomikyo.or.jp/index.php
*上記サイトの残席情報に依りますと、12日は全席残席僅少、13日はA・B・C席余裕有り、G席残席僅少となっております。

|

« 今年も”逆チョコ”が欲しい! | トップページ | ”逆チョコ”ゲットしましたが・・・。 »

音楽」カテゴリの記事

ホルン」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

管楽器(フルートとホルンを除く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読響+セゲルスタム+シメオ(tp):

« 今年も”逆チョコ”が欲しい! | トップページ | ”逆チョコ”ゲットしましたが・・・。 »