« 「バンドジャーナル11月号」に”根本雄伯(ホルン)&福本しのぶ(ハープ) デュオコンサート”の記事が! | トップページ | ♪25万アクセス突破♪ »

2009年10月15日 (木)

読響+下野+ウィスペルウェイ(vc) (10月17日&19日 )

10月17日と19日に読響のコンサートが行われます。指揮は下野竜也、チェロはピーター・ウィスペルウェイ(Pieter Wispelwey)。

曲目は、バッハ、ヒンデミット、メンデルスゾーンです。ピーター・ウィスペルウェイは、ヒンデミットのチェロ協奏曲op.3を演奏します。メンデルスゾーンの生誕200年記念プログラムの作品として演奏される交響曲第2番”賛歌”は、ソプラノ、テノール、合唱の入る作品です。

第486回定期演奏会
2009年10月17日(土) 18:00開演 サントリーホール

第165回東京芸術劇場名曲シリーズ
2009年10月19日(月) 19:00開演 東京芸術劇場

指揮:下野 竜也
チェロ:ピーター・ウィスペルウェイ
ソプラノ:澤畑 恵美/國光 ともこ
テノール:永田 峰雄
合唱:新国立劇場合唱団

《下野プロデュース・ヒンデミット・プログラムIV》
バッハ(レーガー編曲):〈おお人よ、汝の大きな罪を嘆け〉
ヒンデミット:チェロ協奏曲 作品3
《メンデルスゾーン生誕200年記念プログラムIII》
メンデルスゾーン:交響曲第2番〈賛歌〉

上記のコンサートの詳細は、下記のサイトをご覧下さい。
http://yomikyo.or.jp/index.php
*上記サイトの残席情報に依りますと、17日はA・C・D席が残席僅少、B席が余裕有りとなっており、19日はA・B・C席が余裕有り、G席が残席僅少となあております。

|

« 「バンドジャーナル11月号」に”根本雄伯(ホルン)&福本しのぶ(ハープ) デュオコンサート”の記事が! | トップページ | ♪25万アクセス突破♪ »

音楽」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

弦楽器(ハープ・ギターを含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読響+下野+ウィスペルウェイ(vc) (10月17日&19日 ):

« 「バンドジャーナル11月号」に”根本雄伯(ホルン)&福本しのぶ(ハープ) デュオコンサート”の記事が! | トップページ | ♪25万アクセス突破♪ »