« 「ぶらあぼ11月号」にも”根本雄伯(ホルン)&福本しのぶ(ハープ) デュオコンサート”の記事が! | トップページ | 今年も花束をいただきました!! »

2009年10月20日 (火)

ルクエを使った料理 ”なすとみょうがと豆腐のサラダ アレンジ版”

091019_nasu_okura←これ、とても美味しいのですが、私のオリジナルレシピではありません。

これは、”エル・クッキング JULY2009 NO.1”の16ページに掲載された料理研究家、長谷川智永子さんのレシピのアレンジです。自作レシピではないので、ルクエのサイトに投稿する訳にはいきませんが、とても美味しいし簡単です。
是非皆さんも作ってみて下さい。

このお料理、20代から80代まで、広い年代の方から好評を得ております。

しょうゆとオリーブオイルを混ぜ合わせるだけで、こんなに美味しいソースが出来るって、本当に驚きでした!

エル・クッキングに掲載されたレシピとの違いですが・・・、まず、ルクエのサイズの違い。エル・クッキングに掲載されているのは、小型の”ルクエ スチームケース”用ですが、私のレシピは、大型の”ルクエ ファミリーサイズ”用。
私の方は、3~4人でしっかり楽しめる量です。

材料の違いは豆腐。エル・クッキングでは絹ごし豆腐ですが、私の場合は、木綿豆腐。木綿豆腐の方が良く味を吸うので、時間が経った時に美味しくいただけるんです。
そして、これは好みの問題ですが、木綿豆腐を使うと、オクラのツルツル感と、それと対象的な木綿豆腐の舌触りが両方が楽しめて、飽きないんです。

あとは、下ごしらえ方法の違い。エル・クッキングでは、なすもオクラもみょうがも生姜も水に晒していますが、私の場合はそのまま使っています。豆腐に関しては、エル・クッキングでは水切り無し、私は水切りしています。

つまり、私のレシピの方がワイルド。エル・クッキングは”おもてなし料理”で、私のは”家庭料理”っていう感じです。

材料(ルクエ ファミリーサイズ 1個分)

なす:3本(皮を半分残すように剥き、4ツ割りにして、1cm強の厚さに切る)
オクラ:10本(6~7mmの輪切りにする)
木綿豆腐:300g
みょうが:3本(千切り)
生姜:20g(千切り)
しょうゆ:大さじ2
オリーブオイル:大さじ3
大葉:適宜(千切り)
*分量外:オイル少々・塩少々

作り方 調理時間15分(加熱時間10分+蒸らし時間5分)

1,木綿豆腐をスプーンでくりぬき、ルクエに入れ蓋をして2分間チン。加熱した木綿豆腐をボールに移し、水気を切る。ルクエの中の水気は、キッチンペーパーで拭き取る。
2,ルクエになすを入れ、オイルスプレーでオイル少々(分量外)を掛け、塩(分量外)も一振りしてから全体を混ぜる。蓋をして3分間チン。
3,なすの上にオクラを載せ、蓋をして2分間チンして、3分間蒸らす。
4,なす・オクラの上に、木綿豆腐・みょうが・生姜を載せ、蓋をして3分間チン(写真右上)。ケースの中で全体を手早く混ぜ合わせて、再度蓋をして2分間蒸らす(写真右下)。
5,しょうゆとオリーブオイルを混ぜ合わせてソースを作る(写真左下)。出来上がった料理をルクエから器に移してソースを掛け、木綿豆腐を崩さないように注意しながら良く混ぜて、全体に味をまとわせる(写真左上)。
6,好みで大葉の千切りを掛ける。

|

« 「ぶらあぼ11月号」にも”根本雄伯(ホルン)&福本しのぶ(ハープ) デュオコンサート”の記事が! | トップページ | 今年も花束をいただきました!! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191167/46539409

この記事へのトラックバック一覧です: ルクエを使った料理 ”なすとみょうがと豆腐のサラダ アレンジ版”:

« 「ぶらあぼ11月号」にも”根本雄伯(ホルン)&福本しのぶ(ハープ) デュオコンサート”の記事が! | トップページ | 今年も花束をいただきました!! »