« 女三代の雛祭り | トップページ | 考古学者になりたかった! »

2009年3月 3日 (火)

大正時代のお雛様と、昭和のお雛様

一昨日、娘と実家に行き、母と私と娘で雛祭りを祝いましたが、娘が母のお雛様を見たのは、今回が初めてのようです。

090301_hinamatsuri_4母から、”関東大震災の後で買ったもの”と、昨日聞いたそうです。関東大震災は1923年のことだそうですので、85年位前のものでしょうか。ガラスケースの中に全て収まるもので、下の引き出しに、お雛様も付属品も全部入ります。

昨日初めて見た娘の感想は、”おばあちゃまのお雛様は、男も女も同じような顔をしている”でした。

080218_ohinasama_1 娘のお雛様は、親王飾り。男雛と女雛での面差しが違っています。大正時代のお雛様と、昭和の終わり頃のお雛様とでは違いがあって当然ですが、お顔はかなりな違いがあるなと改めて思いました。

|

« 女三代の雛祭り | トップページ | 考古学者になりたかった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

”日本を楽しむ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大正時代のお雛様と、昭和のお雛様:

« 女三代の雛祭り | トップページ | 考古学者になりたかった! »