« 読響+下野+ホーネック(vn)(10月12&10月13日) | トップページ | ニューCD:新世界&コンチェルトシュテュック(hrダヴィッド・ゲリエ他) »

2008年10月13日 (月)

ビバンダムくん、ゴメンね・・・

080820_bibendumタイヤのミシュラン(Michelin)のキャラクターは、ビバンダム(BIBENDUM)なんですね・・・。
私、ず~っと”ビバンタム”だとばかり思っていました。ところが、”タ”ではなくて、濁点の付く”ダ”・・・。耳から聞いて思い込み、綴りを確認したことはなかったんです。”ビバンダム”君、ゴメンね・・・。間違って書いたところは、訂正しました。
人名をカタカナ表記をする時には、”発音したら通じるように”という観点で書いていますが、その意味では、”ビバンタム”は、殆ど問題はなかったと思います。私は、”ビバンタム”と発音していましたが、通じていましたから。
そういえば、Michelinを”ミシュリン”と読む方がいらっしゃらないのは何故なんでしょうか?ミシュランが定着していますが、英語的に読んだら、ミシュリンではないでしょうか。Chopinを”チョピン”と読む方がいらっしゃらないのは、知名度があるので当然かなと思うのですが、ミシュランは何故、日本に定着したのかなぁ。もしかすると、ミシュランは、ショパンより知名度が高いのでしょうか???
私の友人の建築家のニコラ・ミシュラン(Nicolas Michelin、タイヤのミシュランの一族です。)さん、建築のコンクールに入賞した時に、日本に来たことがあるんです。そのコンクールの主催者が作ってくれたというネームカードを見せて貰ったら、カタカナで”ニコラ・ミシュラー”となっていました。「ミシュラーになっているよ。」と言ったら、「そうだろうと思っていたよ。みんなが、ミシュラーさんって呼んだから。」と言っていましたが、彼にとっては、ミシュリンさんと呼ばれるより抵抗がなかったかもしれません。

|

« 読響+下野+ホーネック(vn)(10月12&10月13日) | トップページ | ニューCD:新世界&コンチェルトシュテュック(hrダヴィッド・ゲリエ他) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

”パリ&フランス”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビバンダムくん、ゴメンね・・・:

« 読響+下野+ホーネック(vn)(10月12&10月13日) | トップページ | ニューCD:新世界&コンチェルトシュテュック(hrダヴィッド・ゲリエ他) »