« 読響+スクロヴァチェフスキ+バーエワ(9月10日) | トップページ | オ・パフメ オ・テ・ブラン”Eau Parfumé au thé blanc ”(ブルガリ) »

2008年9月 9日 (火)

”東京藝術大学 第10回モーニングコンサート”のチラシ

080906_morning_chirashi9月4日に“東京藝術大学 第10回モーニングコンサート”を聴きに、ハーピストの福本しのぶさんと一緒に東京藝術大学構内の新奏楽堂に参りました。
このモーニングコンサートのソリストは、2名の大学4年生。オーボエ専攻の志茂嘉彦さんがリヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲を、ヴァイオリン専攻の上敷領藍子さんがブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏されました。

帰りに上野駅方向に歩きながら、しのぶさんといろいろな話をしたのですが、ふと、彼女が、「そういえば、今日のコンサートのチラシ、武藤舞さんが作られたものなんですって。」と言い出しました。”武藤さんっていう共通の友人が居たっけ?”と思って、私は、「武藤さんって?」と彼女に問い掛けたのです。「秋葉原事件に巻き込まれた芸大生の方ですよ。」との答に私は絶句しました。

秋葉原の通り魔事件で亡くなられた芸大生の武藤舞さんは、私達の在学中にはなかった音楽環境創造科4年の学生さんでした。マネージメントを目指していらした方と聞きました。ですので、チラシ作りもされていたんですね。

家に帰って、この日のチラシを探して、見てみました。素敵なチラシです。音楽を愛する気持ちが伝わってくるチラシを見ながら、胸が熱くなりました。武藤舞さんは、日比谷高校から芸大に入られたとのこと。日比谷高校ではオーケストラ部に所属されていたとのことです。武藤舞さんは、私にとっては母校芸大の後輩というだけでなく、私の兄夫婦の日比谷高校オーケストラ部の後輩でもあるので、この事件は私に大きな衝撃を与えました。

”東京藝術大学 第10回モーニングコンサート”にうかがったのは、7月末に行われたパリ・オペラ座のクリストフ・グランデルさんのマスタークラスで知り合った芸大4年生の志茂嘉彦君のリヒャルと・シュトラウスのオーボエコンチェルトを聴くのが目的でした。
お会いした時に志茂君から渡されたチラシを見て、私は、「このコンサート、聴きに行こう。」と決めたのです。芸大は母校とはいえ、朝11時からのモーニングコンサートに行こうという気になったのは、これが初めてです。私をモーニングコンサートに導いてくださったのは、武藤舞さんの作られたチラシだと思っております。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

|

« 読響+スクロヴァチェフスキ+バーエワ(9月10日) | トップページ | オ・パフメ オ・テ・ブラン”Eau Parfumé au thé blanc ”(ブルガリ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

弦楽器(ハープ・ギターを含む)」カテゴリの記事

管楽器(フルートとホルンを除く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”東京藝術大学 第10回モーニングコンサート”のチラシ:

« 読響+スクロヴァチェフスキ+バーエワ(9月10日) | トップページ | オ・パフメ オ・テ・ブラン”Eau Parfumé au thé blanc ”(ブルガリ) »