« ”アンサンブル・フランセ”日本ツアー最終公演は、名古屋(6月1日11時開演) | トップページ | 実録「譜めくりの女」③~コンチェルトの譜めくり~ »

2008年6月 1日 (日)

”ジョルジュ・サンド”で吉村葉子さんに再会!

先日、神楽坂の”ジョルジュ・サンド”にうかがったのは、日本とフランスについて多くの本を書いておられるオーナーの吉村葉子さんにお会いしたかったからなんです。吉村さん、お店にいらっしゃったので、10年振り位の再会を果たしました。

以前、パリのミシュラン邸で、読響のホルン奏者によるホルンカルテットのコンサートをした時に、吉村さん、聴きに来て下さったんです。その2日後のテアトル・デ・シャンゼリゼでの読響のコンサートにも。

吉村さん、当時はパリにお住まいでした。その後もパリにお住まいと思っていたのですが、数年前に彼女の著書を手にとって、帰国されたことを知りました。でも、ご住所はわからず。で、ご連絡出来なかったのですが、4月にマリコ・コウガの設立10周年記念パーティーでハープを弾いて下さった福本しのぶさんのお話の中に、吉村さんのことが出てきたので、ビックリ!
しのぶちゃんが、”吉村さんのお店が神楽坂にある”と教えて下さったので、うかがったのです。

「久し振りの再会が果たせると良いな。」と、”ジョルジュ・サンド”の前に辿り着いた時は、期待でドキドキしてました。入口から厨房をのぞいたら、懐かしの吉村さんのお顔が!しのぶちゃんがメールで、私が行くかもしれないと知らせて下さっていたとのことで、私のことを直ぐにわかって下さり、パリでのコンサートに来て下さった時の話で盛り上がりました。
ところが、お会いした年代に関しては、2人の間に記憶のズレが・・・。コンサートの記録、調べてみなくっちゃ。

080522_george_sand_3ジョルジュ・サンド”2階のサロン・ド・テ、私には、とっても落ち着ける雰囲気でした。吉村さんは、”ジョルジュ・サンド”のサイトに「インテリアにも凝りました。」とお書きになっていますが、さり気ない凝り方が素敵です。
特に、洗面所のちょうど良い広さと明るさに、女性オーナーならではの心遣いを感じました。

080522_george_sand_2私がランチの後のコーヒーを飲み終える頃に、階段の下から吉村さんとお客様の楽しそうな話し声が聞こえてきました。”きっと、常連さんがみえたのね。”と思って、階段の方を見たら、なんと、しのぶママしのぶちゃん&お友達!私、しのぶちゃんには「その内にうかがいたい。」としかお話ししていなかったので、お会いしたのは、全くの偶然!

帰るつもりだった私、結局、しのぶちゃん達のテーブルにお邪魔して、”ジョルジュ・サンド”という名前のサンドウィッチと、ケーキのお味見をさせていただくことに。自家製のパン・ドゥ・カンパーニュを使った3種のオープンサンド盛り合わせの”ジョルジュ・サンド”も、ほんのり温かいチョコレートケーキも、美味しかったです!

吉村葉子オフィシャルサイト
http://www.yokoyoshimura.com/index.html

|

« ”アンサンブル・フランセ”日本ツアー最終公演は、名古屋(6月1日11時開演) | トップページ | 実録「譜めくりの女」③~コンチェルトの譜めくり~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ホルン」カテゴリの記事

”パリ&フランス”」カテゴリの記事

オペラ」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

弦楽器(ハープ・ギターを含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”ジョルジュ・サンド”で吉村葉子さんに再会!:

« ”アンサンブル・フランセ”日本ツアー最終公演は、名古屋(6月1日11時開演) | トップページ | 実録「譜めくりの女」③~コンチェルトの譜めくり~ »