« 実録「譜めくりの女」④~久々の譜めくり体験~ | トップページ | 「ホルン解体新書 移調楽器としてのホルン」、お申し込みを締め切りました。 »

2008年6月16日 (月)

ヴィンチェンツォ・スカレーラ ~譜めくり動作まで魅力的なピアニスト~

私が、”譜めくり動作”に見惚れたのは、ヴィンチェンツォ・スカレーラVincenzo Scalera)さん。

昨年6月に、テノールのテノール歌手佐野成宏さんとバリトン歌手の堀内康雄さんのコンサートに行き、初めてヴィンチェンツォ・スカレーラさんの演奏に接しました。素晴らしい演奏に聴き惚れ、そして、”譜めくり動作”に見惚れたのです。

佐野成宏さんと堀内康雄さんの歌とスカレーラさんのピアノ、本当に素晴らしかったのです。初めて耳にしたスカレーラさんのピアノは、これぞプロフェッショナルという上手さ!そして、常に歌手の方を立て、一歩退いた落ち着きの有る態度にも感服しました。

スカレーラさんの場合は、楽譜を製本され、セルフ譜めくりをされますが、ゆっくりの曲はゆっくり、速い曲は速く、それはそれは魅力的なタイミングで譜めくりされるのです。”譜めくりまで含めて音楽”でした。

あまりに感動したので、その後、お話しする機会を得た時、「是非、また演奏を聴かせていただきたいので、来日時期を教えて下さい。」と申し上げました。「2008年6月に来ますよ。」とおっしゃっていたので、調べてみたところ、紀尾井ホールで福井敬さんと共演されるコンサートを発見!うかがえれば良いなと思っております。

第85回 グローバルクラシックコンサート
6月26日(木)19:00
紀尾井ホール
福井 敬(Ten),ヴィンチェンツォ・スカレーラ(Pf)
詳細は、下記サイトをご覧下さい。
http://www.kioi-hall.or.jp/

|

« 実録「譜めくりの女」④~久々の譜めくり体験~ | トップページ | 「ホルン解体新書 移調楽器としてのホルン」、お申し込みを締め切りました。 »

音楽」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィンチェンツォ・スカレーラ ~譜めくり動作まで魅力的なピアニスト~:

« 実録「譜めくりの女」④~久々の譜めくり体験~ | トップページ | 「ホルン解体新書 移調楽器としてのホルン」、お申し込みを締め切りました。 »