« 「ピアニストの為の室内楽ワークショップ」、明後日(5月22日)締め切りです。 | トップページ | CD”夢の架け橋 Bridge of Dreams”(つの笛集団) »

2008年5月21日 (水)

実録「譜めくりの女」~あなたがいると、だめになる!~

先日、”映画「譜めくりの女」”を見ました。この映画には、「あなたがいないと、だめになる」というサブタイトルが付いていましたが、実際の”譜めくりの女(譜めくりをされる方は、圧倒的に女性が多いです。)”の中には、「あなたがいると、だめになる!」と叫びたくなるような方がいらっしゃいます。

連休に都心で行われる某音楽イベントのコンサートを聴いていると(というか、見ていると)、本当に、「止めて!」と叫びたくなるようなシーン続出です。

演奏者が分刻みで会場を駆け回るような日程を組んであるこの音楽イベントのことですから、”譜めくり”の方(”譜めくリスト”なんていう言葉も有るようですが)も、会場を駆け回って、あちこちの”譜めくり”をしていらっしゃるのでしょう。明らかに、本番だけの”譜めくり”だなって思う時もあります。そのページの最後で楽章が終わるというのに、立ち上がって、譜めくりをしようとする。これは、明らかに打ち合わせ不足。練習はお付き合いしていないに違いないって思います。驚いたピアニストさん、弾いている片手を上げて、大慌てで譜面を押さえ込む。音が何個か欠落した筈です。こんなこと、普通、あり得ない話ですが、先日、この目で見てしまいました。

ピアニストに依って、譜めくりして欲しいタイミングが違います。勿論、テンポにも依りますし、譜めくり場所の演奏難易度にも依りますし、諸々の条件がありますが、取り敢えず、”譜めくり”を任されたなら、譜めくりのたびごとに、ピアニストに合図を求めないこと。これって、譜めくりの鉄則だと思います。

特別に早くめくって欲しい時等は、ピアニストの方から合図があるものです。”譜めくり”が、ピアニストの気配を察して状況に対処するのであって、逆ってことはあり得ません。
ところが・・・、その音楽イベントのコンサートでは、私の聴いた2つのピアノ入り室内楽コンサートの”譜めくリスト”さんが、譜めくりのたびごとにピアニストの顔を見て、合図を待っていました。もしかすると、ピアニストの方が不安に駆られて、「合図をしたら、譜めくりしてね!」と頼んでいたのかもしれない。間違ったところで譜めくりされるよりは良いですから。けれど、ピアノ演奏とは関係無い”首振り動作”が入るので、ピアニストさん、弾きにくそうでした。ピアニストを”首振り人形状態”にする”譜めくリスト”さん、困りますねぇ。あれじゃ、演奏に集中出来ません。見ていても落ち着きませんし。

映画「譜めくりの女」の会場でいただいたパンフレットに、こんなことが書いてありました。
譜めくり”とは…… 
ピアニストの横で、曲の進行に従って楽譜をめくる役回り。単に譜面をめくるだけでなく、演奏の邪魔にならないよう、適切なタイミングが求められる。そのため、演奏の善し悪しに大きく影響することもある。

そうなのです、全くその通りなのです!「たかが”譜めくり”」なんて思って引き受けちゃいけない重要な役目だと思います。

|

« 「ピアニストの為の室内楽ワークショップ」、明後日(5月22日)締め切りです。 | トップページ | CD”夢の架け橋 Bridge of Dreams”(つの笛集団) »

音楽」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実録「譜めくりの女」~あなたがいると、だめになる!~:

« 「ピアニストの為の室内楽ワークショップ」、明後日(5月22日)締め切りです。 | トップページ | CD”夢の架け橋 Bridge of Dreams”(つの笛集団) »