« リンク集に、ヴィオラの安藤裕子さんのブログを追加 | トップページ | テディ・パパヴラミ & フィリップ・ビアンコーニのブラームスCD »

2008年2月24日 (日)

”パリ国立高等音楽院(CNSM)”入試情報

今、まさに、”パリ国立高等音楽院CNSM)”は入試期間(ピアノ科の場合は、2月28日迄)です。

留学情報を求めて、こちらのブログにおいでの方の為に、”パリ国立高等音楽院CNSM)”入試情報の調べ方を書きたいと思っていましたが、それを調べている途中に、”のだめ”に関する私の勘違いを発見。昨日は、大急ぎで、そちらのことについて書きましたが、本日は本題です。

入試情報は、サイトから簡単に見ることが出来ます。試験が近くなってから、入試関連の事項が別立てになり、調べ易い設定になりました。試験が終わると、今年の入試関連の事項は消されてしまうかも知れないので、興味をお持ちの方は、この機会にご覧になると良いと思います。

試験曲を準備するには、かなりな勉強が必要。そして、試験2ヶ月前に出る課題曲もありますので、短期間での仕上げ能力も問われます。

加えて、日本からの受験の場合は、練習場所の確保から体調管理まで、本当に大変なことだと思います。試験期間だけでも2週間以上ですから。

では、ピアノ科を例にとって、”パリ国立高等音楽院CNSM)”の試験曲の調べ方を書いて参ります。(他の楽器も、同じような方法で調べられます。)

まず、下記のサイトに行く。
http://www.cnsmdp.fr/interface/frame/frame_all.htm

左下の別立てになっている Concour d'entre に、入試情報がまとめられています。

別立ての Concour d'entre の中の Programme d'oeuvres をクリック。
  ↓
ピアノの場合は
DISCIPLINES INSTRUMENTALES の中の Pianoを見る。
*10月8日作成の募集要項が出ます。

上記の募集要項に入っている試験曲以外に、試験2ヶ月前に課題曲が出ます。
こちらを調べるには、Concour d'entre の中の Oeuvres impose をクリック。
  ↓
ピアノの場合は、Musique をクリック。
 ↓
Disciplines instrumentales  の中の Piano (Premier cycle)を見る。
*アルファベット順なので、かなり下の方にあります。
*12月22日に掲示されます。

<”パリ国立高等音楽院CNSM)”ピアノ科の入学試験の流れ>

1,予備審査としての formation musicale の試験
書き取りと口頭の2種。

2,予備審査を通ると、実技試験第1次試験

3,実技試験第1次試験を通ると、最終試験
最終試験は、初見試奏と、試験2ヶ月前に出る課題曲の演奏

試験曲リストを見て、改めてレベルの高さを感じました。2ヶ月前に出るのが、ベートーヴェンのソナタの1楽章と、メシアン。勿論、2ヶ月で仕上げることに意義があるのでしょうが、受験する側は、勉強してあれば余裕が出来るので、”ラッキー!”となります。ベートーヴェンは勉強してある可能性がありますけれど、メシアンはどうでしょうか。可能性は低いのでは?課題曲にメシアンが入ったのは、「今年は、メシアンイヤーだから」でしょうか?

|

« リンク集に、ヴィオラの安藤裕子さんのブログを追加 | トップページ | テディ・パパヴラミ & フィリップ・ビアンコーニのブラームスCD »

音楽」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

”パリ&フランス”」カテゴリの記事

”パリ国立高等音楽院(CNSM)入試関連記事”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”パリ国立高等音楽院(CNSM)”入試情報:

« リンク集に、ヴィオラの安藤裕子さんのブログを追加 | トップページ | テディ・パパヴラミ & フィリップ・ビアンコーニのブラームスCD »