« 「ばらの騎士」が感動的なのは何故なのかしら? | トップページ | 読響+ホーネックの”復活” »

2008年2月 7日 (木)

♪アレクサンドル・ギャテ(ガテ)のインタビュー、サイトにアップしました♪

パリ管弦楽団首席オーボエ奏者、アレクサンドル・ギャテアレクサンドル・ガテ Alexandre Gattet)さんのインタビュー記事、昨日、コンセール・パリ・トーキョウのサイトに掲載しました。昨年11月の来日時に、インタビューをさせていただいたものです。

アレクサンドル・ギャテガテ)さんは、”のだめ効果”で有名になった”パリ国立高等音楽院(CNSM)”の出身です。フランス人の優秀な演奏家の方の場合、かなり若い時に卒業されますが、ギャテさんも20歳位で卒業されています。

ギャテさんは、2000年に東京で行われた”国際オーボエコンクール”で第一位を得ているので、お名前をご存じの方も多いかと思いますが、”国際オーボエコンクール”優勝の年に、クリストフ・エッシェンバッハChristoph Eschenbach)に選ばれて、パリ管弦楽団首席オーボエ奏者に就任し、2002年には権威有るミュンヘン国際コンクールオーボエ部門で最高位(第3位)を得ました。

2002年のミュンヘン国際コンクールオーボエ部門で最高位(第3位)は、3人の方が分け合ったのですが、3人共に”パリ国立高等音楽院(CNSM)”出身であったので、フランスの管楽器のレベルの高さが再認識されることとなりました。アレクサンドル・ギャテガテ)さん以外のお2人は、パリ・オペラ座オーボエ奏者の井上圭子さんと、フランス国立フィルの首席に就任したノラ・シスモンディNora Sismondi)さんです。

インタビュー記事には、ギャテさんの演奏の入ったCDの情報も載っております。オーボエファンの方、フランス音楽ファンの方、どうぞご一読下さい。

コンセール・パリ・トーキョウのサイトは、こちらです。
http://hw001.gate01.com/roman/paristokyo/

|

« 「ばらの騎士」が感動的なのは何故なのかしら? | トップページ | 読響+ホーネックの”復活” »

音楽」カテゴリの記事

”パリ管(パリ管弦楽団)”」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

管楽器(フルートとホルンを除く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪アレクサンドル・ギャテ(ガテ)のインタビュー、サイトにアップしました♪:

« 「ばらの騎士」が感動的なのは何故なのかしら? | トップページ | 読響+ホーネックの”復活” »