« ミスドのポンデライオンのお重 | トップページ | 玉木宏さんがゲスト出演する読響のコンサート(3月30日) »

2008年1月10日 (木)

代役成功で注目を集めたピアニスト② フランク・ブラレイ

コミック”のだめカンタービレ”の千秋真一の例を引いた為か、昨日書いた記事”代役成功で注目を集めたピアニスト アンティ・シーララ”へのアクセスがとても多いのに、ビックリしています。テレビの影響は大きいですね。

代役成功で注目を集めたピアニストは沢山いらっしゃると思いますが、日本での代役で鮮烈な印象を残したピアニストというと、フランク・ブラレイFrank Braley)の名前が挙げられると思います。2003年の第6回アルゲリッチ音楽祭にアルゲリッチの代役として急遽来日し、立派な演奏をして注目されました。

彼は、1991年のエリザベート王妃国際音楽コンクール優勝者。ベルギーのブリュッセルで行われるこのコンクールも、リーズ国際ピアノ・コンクールと同じように日本での知名度はイマイチですが、ヨーロッパでは権威あるコンクールの一つとされています。ブラレイも、アンティ・シーララAntti Siirala)と同じく実力の有るピアニストであることは疑う余地はなく、代役の機会が無くても立派なキャリアを積んできたと思いますが、”アルゲリッチの代役”としてメディアに大きく取り上げられたので、その折に、私も含めた日本人音楽愛好家の記憶に、彼の名前が刻まれたことは確かだと思います。

ブラレイは、今年5月にN響(N響オーチャード定期 )と、来年1月に読響と共演します。

”N響オーチャード定期 2007/2008シリーズ”については、下記サイトをご覧下さい。
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/shosai_nkyo07_08.html

読響公演については、下記サイトをご覧下さい。
http://yomikyo.yomiuri.co.jp/

1月9日に書いた記事、”代役成功で注目を集めたピアニスト アンティ・シーララ”は、こちらです。
http://paris-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_199f.html

|

« ミスドのポンデライオンのお重 | トップページ | 玉木宏さんがゲスト出演する読響のコンサート(3月30日) »

音楽」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代役成功で注目を集めたピアニスト② フランク・ブラレイ:

« ミスドのポンデライオンのお重 | トップページ | 玉木宏さんがゲスト出演する読響のコンサート(3月30日) »