« 明日の”クラシック・ロイヤルシート”で、パリ管弦楽団の演奏が放映されます! | トップページ | ♪パリ管弦楽団アジア公演のブログ発見♪ »

2007年11月11日 (日)

カプソン兄弟、読響と共演(2008年12月)

昨日、”フランク・ブラレイ、読響と共演(2009年1月)”という記事を書いてから、読響の2008年度の年間スケジュールにじっくり目を通しました。12月定期には、ヴァイオリンのルノー・カプソンRenaud Capucon)と、チェロのゴーティエ・カプソンGautier Capucon)が登場し、ブラームスの二重協奏曲を演奏するのを発見!

今年のフォルジュルネでは、ルノー・カプソンゴーティエ・カプソンにピアニストのフランク・ブラレイを加えた3人に依るドヴォルザークのピアノトリオ第3番の素晴らしい演奏を聴きましたが、この3人、共に、2008年度の読響定期演奏会に登場します。

第477回定期演奏会
12月15日(月)
広上淳一指揮、R.カプソン(vn)、G.カプソン(vc)
・ブラームス/ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
・ブラームス(シェーンベルク編)/ピアノ四重奏曲第1番(管弦楽版)

|

« 明日の”クラシック・ロイヤルシート”で、パリ管弦楽団の演奏が放映されます! | トップページ | ♪パリ管弦楽団アジア公演のブログ発見♪ »

音楽」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

弦楽器(ハープ・ギターを含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カプソン兄弟、読響と共演(2008年12月):

« 明日の”クラシック・ロイヤルシート”で、パリ管弦楽団の演奏が放映されます! | トップページ | ♪パリ管弦楽団アジア公演のブログ発見♪ »