« ”フロマージュ・ブラン(白チーズ)もどき”③<作り器> | トップページ | 音楽カテゴリーの30位! »

2007年9月 6日 (木)

「ばらの騎士」とウインナホルン

9月2日書いた”チューリッヒ歌劇場日本公演の「ばらの騎士」”のページを見て下さる方が沢山いらっしゃいますが、公演においでになったのでしょうか?
私は、今回も諦めです・・・初日と最終日は完売でしたし、唯一、チケットの有った5日は、先約がありましたもので。
エリザベート・シュワルツコップが元帥夫人を歌う「ばらの騎士」のDVDが出ていたら、購入したいと思っています。家でワインでもチビチビ飲みながら見ようかなぁ。

リヒャルト・シュトラウスの音楽は素晴らしいと思いますが、とりわけ、ホルンの使い方は最高。2曲のホルンコンチェルトを書いているくらいですから、リヒャルト・シュトラウスは、ホルンという楽器に惚れ込んでいたのだと思います。彼の作品でコンチェルトと名の付くものは、ホルンコンチェルト2曲以外には、ヴァイオリンコンチェルト1曲と、オーボエコンチェルト1曲しか無いことをみても、如何にホルンが好きだったかがわかると思うのです。父親(フランツ・シュトラウス)がホルン奏者でしたので、楽器のことを知り尽くしていたのでしょう、使い方が本当に上手い!

私が、「ばらの騎士」の本物を観たのは、ウィーン。ウィーン国立歌劇場のオケの場合、ホルンウインナホルンですから、音色とハモり方が独特で、とても印象的でした。

11月のドレスデン国立歌劇場公演については、5月12日に書いた記事”「世界一やさしいオペラ入門~ドレスデンオペラで女を磨く!」(日テレ)”をご覧下さい。
 ↓
http://paris-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_eeb8.html

6月6日に書いた”「ばらの騎士」雑感”は、こちらです。
 ↓
http://paris-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_9b07.html

9月2日に書いた”チューリッヒ歌劇場日本公演の「ばらの騎士」”は、こちらです。
  ↓
http://paris-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_0fed.html

|

« ”フロマージュ・ブラン(白チーズ)もどき”③<作り器> | トップページ | 音楽カテゴリーの30位! »

音楽」カテゴリの記事

ホルン」カテゴリの記事

オペラ」カテゴリの記事

”ばらの騎士”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ばらの騎士」とウインナホルン:

« ”フロマージュ・ブラン(白チーズ)もどき”③<作り器> | トップページ | 音楽カテゴリーの30位! »