« 本日のNHKプレミアム10は、「オペラ座の弁慶 團十郎・海老蔵 パリに傾く(かぶく)」です! | トップページ | ”コントワー松喜”で至福のランチ »

2007年6月 9日 (土)

パリ・オペラ座(パリ国立オペラ)2008年に来日!

先日、久し振りに”パリ・オペラ座”で検索してみましたら、パリ・オペラ座(パリ国立オペラ)が2008年に来日というニュースがありました。
パリ・オペラ座(パリ国立オペラ)の場合、バレエ団は来日しても、オペラは来日しないというのが決まりだと思っていたのですが、遂に初来日が決定したんですね!

来日公演は、2008年7月19日(土)から21日(月・祝)までが兵庫県立芸術文化センター、7月23日(水)から31日(木)までが東京・オーチャードホール。チケット発売は、2007年12月の予定。
演目は、ワーグナー『トリスタンとイゾルデ』、バルトーク『青ひげ公の城』、ヤナーチェク『消えた男の日記』、デュカス『アリアーヌと青ひげ』の4演目ですが、『青ひげ公の城』と『消えた男の日記』の2演目は同じ日に演じられるので、公演の種類は3種類となります。

4演目の中で唯一オーソドックスと感じられる『トリスタンとイゾルデ』ですが、これも、ジェラール・モルティエ総裁好みの斬新な演出とのこと。パリ・オペラ座というと、シャンデリアや大階段に象徴されるクラシックなイメージがありますが、演目や演出はかなり斬新。
中でも、来日公演の演目は、筋金入りの衝撃作ばかりのようで、下記のサイトの公演概要には、「・・・18歳未満の方にはふさわしくない部分があるかもしれません。」という注意書きがありました。日本人の持つパリ・オペラ座のイメージとのギャップ、かなり大きいように思います。

『トリスタンとイゾルデ』の指揮はセミヨン・ビシュコフ、『アリアーヌと青ひげ』の指揮はシルヴァン・カンブルラン、『青ひげ公の城』と『消えた男の日記』の指揮はグスタフ・クーンと発表されています。

パリ国立オペラ来日公演の詳細は、こちらのサイトに載っております。http://www.ktv.co.jp/opera/schedule/index.html

|

« 本日のNHKプレミアム10は、「オペラ座の弁慶 團十郎・海老蔵 パリに傾く(かぶく)」です! | トップページ | ”コントワー松喜”で至福のランチ »

”パリ・オペラ座公演”」カテゴリの記事

オペラ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191167/15359853

この記事へのトラックバック一覧です: パリ・オペラ座(パリ国立オペラ)2008年に来日!:

« 本日のNHKプレミアム10は、「オペラ座の弁慶 團十郎・海老蔵 パリに傾く(かぶく)」です! | トップページ | ”コントワー松喜”で至福のランチ »