« ピエール=ローラン・エマールの室内楽vol.3(パリ・オペラ座) | トップページ | フルーティスト、マチュー・デュフォーのインタビュー記事 »

2007年6月30日 (土)

”ル・ポミエ”のケーキ(東北沢)

070630_keitai_gateau_1_1今日は、実家で母の誕生日を祝いました。ケーキは、東北沢の”ル・ポミエ”の”ポミエ”。実家の近くには、”パティシエ イナムラ ショウゾウ”があるのですが、今回は、私の趣味で、”ル・ポミエ”のケーキにしました。
これは、お店の名前をつけた看板ケーキ”ポミエ”。”ポミエ”とは、林檎の木のこと。名前のように、林檎が使われたケーキで、形は六角形。フランスの国土の形をイメージした形なのだそうです。 オーナーパティシエ、フレデリック・マドレーヌさんの愛国心が感じられます。
070630_keitai_3ポミエ”には、林檎が3種の形で使われています。薄切り林檎で飾られた青林檎のムースの中には、しっかり煮て濃厚な味になった林檎が。”台の上に青林檎のムース”と云うのだったら、ごく普通のケーキですが、少し厚めの台とムースの間に、チョコレートが入っているんです。そのチョコレートは薄いのですが、その味がアクセントになって、淡い青林檎のムースを引き立てています。この隠し味的チョコレート、ケーキの上に飾られたノワゼットの味とも、良いマッチングです。

070630_gateau_3フレデリック・マドレーヌさんの出身地は、ノルマンディー。林檎の産地です。林檎に愛着を持っておられ、お店の名前も ”ル・ポミエ”=林檎の木 とされたとのことですが、林檎の味の生かし方は、さすがだと思いました。青林檎の爽やかな味に合わせた軽めのムース、美味しかったです!時として、フランス風のムースは、私には味が濃厚過ぎることがあるのですが、このムースはさっぱりめ。私の好みでした。
今朝、”ル・ポミエ”に10時過ぎに行きましたが、クロワッサンやパン・オ・ショコラが美味しそうに焼き上がっていました!お店で朝食もいただけるとのこと。クロワッサン党の私としては、是非是非行かなくてはと思っています。

オーナーパティシエのフレデリック・マドレーヌさん、とても素敵な方です。(マドレーヌさんというお名前が、如何にもパティシエらしい!)マドレーヌさんの作るマドレーヌも、いただいてみなければ。

070630_keitai_gateau_2ポミエ”は、1人分サイズのケーキもあります。

”ル・ポミエ”のサイトです。

|

« ピエール=ローラン・エマールの室内楽vol.3(パリ・オペラ座) | トップページ | フルーティスト、マチュー・デュフォーのインタビュー記事 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

お菓子」カテゴリの記事

”下北沢界隈 お気に入りのお店”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”ル・ポミエ”のケーキ(東北沢):

« ピエール=ローラン・エマールの室内楽vol.3(パリ・オペラ座) | トップページ | フルーティスト、マチュー・デュフォーのインタビュー記事 »