« 「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」地方での上映日程 | トップページ | アプリコ&読売日響シリーズがスタート! »

2007年5月27日 (日)

「モンパルナスの灯」アンコール上映

モディリアーニとジャンヌをモデルにした映画「モンパルナスの灯」が、Bunkamuraのル・シネマ2でアンコール上映されています。
「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」の開催に合わせての特別上映で、当初、連休時期だけのレイトショーだったのですが、昨日、文化村に行ったら、アンコール上映のチラシが置いてありました。
アンコール上映は6月1日(金)まで。上映回数は1日4回(11:00 13:50 16:30 19:10)です。

35歳で世を去った画家モディリアーニを演じるのは、フランス映画界を代表する二枚目俳優、ジェラール・フィリップ。ジェラール・フィリップは、この映画が公開された翌年(1959年)に36歳という若さでこの世を去っています。2人のイメージが重なるこの映画、大変人気のようです。
サイトの「上映時間・混雑状況」によると、平日も休日も、40分~1時間前に受付を済ませないと見られないようです。
お問い合わせ:ル・シネマ 03 (3477) 9264

《 料金 》 1200円均一 [当日券のみ・税込]
ザ・ミュージアム「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」のチケット及び半券ご提示の場合は1,000円(税込)。

映画「モンパルナスの灯」の詳細ページ
http://www.bunkamura.co.jp/shokai/cinema/now/index.html

上映時間・混雑状況
http://www.bunkamura.co.jp/shokai/cinema/time/index.html

|

« 「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」地方での上映日程 | トップページ | アプリコ&読売日響シリーズがスタート! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「モンパルナスの灯」アンコール上映:

« 「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」地方での上映日程 | トップページ | アプリコ&読売日響シリーズがスタート! »