« ピエール=ローラン・エマールの室内楽(パリ・オペラ座) | トップページ | ピエール=ローラン・エマール? ピエール=ロラン・エマール? »

2007年3月10日 (土)

リーズ・ドゥ・ラ・サールの最新盤CD評

ピアニスト、リーズ・ドゥ・ラ・サールの最新盤CDの評が、下記の雑誌に載っております。

・「レコード芸術 3月号」239ページ

批評されたCDは、「ピアノ協奏曲第1番集」。ショスタコーヴィッチ、リスト、プロコフィエフ、3人の作曲家のピアノ協奏曲第1番が入っています。

オケは、1962年創立のグルベンキアン管弦楽団(リスボン)。指揮のローレンス・フォスターはグルベンキアン管弦楽団の音楽監督で、今年の5月に来日してN響定期に登場予定。
ショスタコーヴィッチのピアノ協奏曲第1番のトランペットソロは、プラハ室内管でも活躍するトランペッター、ガボル・ボルドツキが担当します。

私は、リーズ・ドゥ・ラ・サールのショスタコーヴィッチのピアノ協奏曲第1番の実演(共演:フランス・オーヴェルニュ管)を2004年に、また、リストのピアノ協奏曲第1番の実演(共演:東京交響楽団)は今年の1月に聴いていますが、どちらも素晴らしかったです。

CDタイトル : Shostakovich, Liszt, Prokofiev: Piano Concertos No.1
Lise De La Salle, Lawrence Foster, Orchestre De La Fondation Gulbenkian 

【曲目】
1. ショスタコーヴィチ: ピアノ協奏曲 第1番
2. リスト: ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
3. プロコフィエフ: ピアノ協奏曲 第1番 変ニ長調 op.10
【演奏】
リーズ・ドゥ・ラ・サール(P)
ローレンス・フォスター(指)グルベンキアン管弦楽団
1)ガボル・ボルドツキ(Tp)

CDの詳細は、下記のページをご覧下さい。
人目を惹くジャケ写です!
  ↓
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1406291&GOODS_SORT_CD=102

|

« ピエール=ローラン・エマールの室内楽(パリ・オペラ座) | トップページ | ピエール=ローラン・エマール? ピエール=ロラン・エマール? »

音楽」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーズ・ドゥ・ラ・サールの最新盤CD評:

« ピエール=ローラン・エマールの室内楽(パリ・オペラ座) | トップページ | ピエール=ローラン・エマール? ピエール=ロラン・エマール? »