« ル・サージュのソロCD ”クララのために”特選盤に! | トップページ | ポール・メイエが東京佼成ウインド・オーケストラを指揮! »

2006年11月22日 (水)

「第1回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール in 八王子」

フランスから友人チェリストS君が、「第1回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール in 八王子」に参加する為に19日に来日した。

S君とは、先月18日にパリで会った。
私のパリのママ、ジャニーヌ・ミシュランさんの主催するサロンコンサートで、彼は、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、カサドを弾いた。

低音楽器ファンの私、チェロも大好きである。
留学時代の室内楽の先生、ジャクリーヌ・ウークラン女史はチェリスト。彼女のクラスで、私はチェロの入った室内楽曲を学んだ。

間近で聴くS君のチェロの音は、私に留学時代を思い出させた。
私がウークラン女史の室内楽クラスの一員として、ブラームスのトリオ(cl,vc,pf)や、ウェーバーのトリオ(fl,vc,pf)を弾かせていただいたミシュラン家のサロン、温かな木の色の壁と高い天井までの本棚が、今も若者の演奏を見守っている。
(このサロン、ジャニーヌ・ミシュランさんの舅にあたるジャン・ミシュランさんが、ヴァイオリニストのジャック・ティボー等とアンサンブルを楽しんだという由緒有るサロン。)

サロンコンサートの数日後、一緒にコンサートを聴いたパリ在住の作曲家のM氏からメールが入った。
S君がコンクールの為に日本に行くと。

コンクールの第一次予選は、明日(23日)から25日の3日間。
彼の演奏との再会を楽しみにしている。

「第1回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール in 八王子」の詳細は、下記サイトをご覧下さい。
 ↓
http://www.cassado-cello.jp/com/japanese/j_index.html

|

« ル・サージュのソロCD ”クララのために”特選盤に! | トップページ | ポール・メイエが東京佼成ウインド・オーケストラを指揮! »

音楽」カテゴリの記事

カサドコンクール」カテゴリの記事

”パリ&フランス”」カテゴリの記事

弦楽器(ハープ・ギターを含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第1回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール in 八王子」:

« ル・サージュのソロCD ”クララのために”特選盤に! | トップページ | ポール・メイエが東京佼成ウインド・オーケストラを指揮! »